ワセリンは保湿に効果的?私が絶対にワセリンを使わないワケ

こんにちは、真衣です。

“肌断食中でもワセリンは使ってもいいと本に書いてあった”
“ワセリンは肌の保湿に効果的”
“ワセリンは医療に使われているものだから安全で副作用がない”

など、
ワセリンを使うことを推奨されている方ってたくさんいらっしゃいますよね。

肌断食を推奨される方の多くや、シンプルなスキンケアを実践されている方でも
ワセリンをオススメしている方が多く見受けられます。

本当にワセリンには副作用や危険性はないのでしょうか?
私はワセリンを何度か使ってみたのですが使うのをやめました。

それにはちゃんと理由があります。
私がワセリンを使わない理由をこれからお話しようかと思います。

ワセリンは安全?ワセリンの性質とメリットについて

f0715815f267e8d227209dff014e04c6_m

ワセリンとは、原油の純度を高めて脱色して精製したものです。
石油由来の物質なので皮膚に入り込むことがありません。
なので、ワセリンが原因でアレルギーや発疹などの直接的な原因になることがないので“安全”と言われています。

あくまで肌表面上のみに油膜を張ることで傷口を保護したり
乾燥する肌を守ってくれるというものです。

ここまで聞くと
「ワセリンって害がなくてめっちゃ良いものなんじゃないの?」
と思われたかもしれません。

確かに一時的に肌を保護するという目的であれば問題はないでしょう。

それでは、ここからはデメリットについてお話します。

ワセリンには肌を潤す働きはない

まず第一に、ワセリンには肌を潤す働きはありません。
あくまで肌の水分の蒸発を油膜によって抑えるということです。

つまり、肌の乾燥を改善してくれるわけではありません。

ワセリンを肌につけた状態の時にのみ、一時的に潤いが保たれる
ということです。

本来はワセリンがなくても(肌に何もつけなくても)潤う肌が理想ではないでしょうか?

肌本来の潤いを保ちたいのであれば、皮膚への刺激を極力控え、
できるだけなにもつけず、肌の持つ本当の力を発揮させてあげることが最も大事なことです。

「どうしても乾燥してつらい!」
という時にだけ数回使うのは仕方がないかもしれませんが、使い続けても改善はしません。

次に、ワセリンを使い続けることの中でもっとも怖いデメリットをお話します。

ワセリンを使い続けることが最も危険

ワセリンは肌につけると簡単に落ちるものではありません。
石鹸で二度洗いしたり、強くゴシゴシ洗う必要があります。

石鹸で強く洗ってしまったら肌はどうなるでしょうか?
そう、皮脂などのバリア機能も多く取り除くことになっていまいます。
乾燥をなんとかしたくてワセリンを使ったのに、洗い流すのに石鹸で強く洗うことによってさらに肌が乾燥してしまうという負のループが起こります。

また、ひどく乾燥してガサガサの肌はよりワセリンが落ちにくくなります。

ワセリンをきれいに洗い流すことができないとどうなるかご存知でしょうか?

ここからはワセリンを塗り続けることのもう一つのデメリットになります。

肌は日々生まれ変わっています。
新しい皮膚がどんどん生成され、古くなった角質は次々に剥がれ落ちていきます。

しかしワセリンは強い粘度の油膜で角質を覆い尽くしてしまいます。

ワセリンをずっと塗り続けていると
本来剥がれ落ちるはずの角質が剥がれ落ちずに肌にどんどん蓄積され硬くなっていきます。
すると、まるで厚い像の皮のようなゴワゴワの皮膚になってしまうのです。

elephant-skin-texture

ワセリンを塗り続けることでゴワゴワ肌になるか、
それとも石鹸でしっかり洗って肌の保護機能を無くして乾燥ボロボロ肌になるか、、、

ワセリンを使い続けていくと、このような恐ろしい行く先しかないのです。

敏感肌や過敏な肌につけると炎症や痛みを起こす場合もある

339038_Fotor私は肌断食を始めてから2ヶ月間ぐらいは
肌が痛くて痛くてずっとヒリヒリしていました。

その時が3月ということもあって乾燥もひどかったため、
つらくてつらくて何度かワセリンを使ってみたことがあります。

しかし、
私はワセリンをつけた瞬間からさらにピリピリと痛みが増し
すぐに洗い流さずにはいられなかったのです。

痛みに加え、肌が重く息苦しくてとても不快なのも我慢できませんでした。
もちろん使う量は米粒かゴマ粒ぐらいの少量でした。

夜につけて寝ようとした時は
不快感と痛みで眠ることができず、一度起きて洗い流しました。

“ワセリンは副作用がなく安全”と言われていますが
肌の状態によってはこのように
強い痛みや不快感を起こす場合もあるのです。

また、私が購入したワセリンのパッケージにはこう明記してあります。

“使用後、発疹等の症状があらわれた場合は直ちに使用を中止し、
この商品を持って医師又は薬剤師に相談すること”

丸石製薬株式会社のプロペトホームという商品です。
プロペトというのは医療機関でもっとも使われているワセリンの種類になります。

パッケージに記載してあるということは発疹等があらわれる場合があるということですよね。

まとめ

ワセリンは本来、傷口など一時的に皮膚を保護するための医療用品です。
ワセリンは毎日常用することは危険です。

1,ワセリンを洗い流すのに強い洗浄力が必要になり、肌の保護成分を取り除き、さらに乾燥を悪化させることになります。

2,ワセリンを重ねて塗り続けると、古い角質が蓄積され硬い像の皮のような皮膚になります。

3,肌の状態によっては痛みや発疹があらわれる場合があります。

私は今現在は肌荒れがなくなったので、ワセリンを使っても痛みは起こらないかもしれません。
しかし、ワセリンを肌に付けている時の不快感が苦手なので今後も使うことはないでしょう。

できるだけ外側から肌に何かを与えるのではなく、
内側から肌本来の機能を最大限に引き出していきたいですね。





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする