老化防止にはお肉だよ

顔のたるみ
乾燥やしわ
顔色のくすみ
ほうれい線やマリオネットライン

ああ、いやだ
おばちゃんになるのはイヤ!

毎日鏡を見ながら恐怖と戦っています(笑)

大沢 真衣、40歳です。

私がアンチエイジングにもっとも重要視しているのが
毎日の食事です。

体を作っているのは食べ物ですから
食べるということは
化粧品などの外側のケアよりもはるかに重要で
一番気をつけなければいけないことだと思っています。

だって化粧品をいくら肌に染み込ませたからって
化粧品が肌細胞になってくれるわけではありません。

肌は食べ物を食べることによって細胞になるんですから。
元の肌細胞がボロボロではいくら高い化粧品を使っても
無意味です。

だから健康で若々しくいたいなら
良い食べ物をしっかり食べる必要があるんです。

じゃあアンチエイジングに良い食べ物って?
老化防止になる食べ物って?

ということですが、

私がやっている食事法は
糖質を一切摂らず肉と脂質をたくさん摂る
という方法です。

糖質(糖類と炭水化物)は食べません。
その代わり
お肉、卵、チーズ、バターなどを
たくさん食べています。

いわゆる「糖質制限」「MEC食」「ケトン体食」
などと言われる食事法です。

これらはダイエット法として有名ですが
アンチエイジングとしても効果が期待されています。

「肉をたくさん食べる??」

最初はおっかなびっくりでした。
私達日本人の常識として
「お肉や脂肪は太る」「お肉は体に悪いから控えめに」
などと言われてきましたから。

本を読んで知識を勉強しましたが、
これまでの常識がなかなか払拭できず
お肉をたくさん食べるのがこわくてなかなかできませんでした。

でも
3日ほどその食事を実践して
明らかな変化に気づきました。
毎日お腹いっぱいにお肉をたくさん食べているのに
体重が少しづつ減って行ったんです。

お肉って本当にダイエットになるんだ!
と自身で実感して驚きました。

私はもともと大食いで
人の倍ぐらい食べないと気がすまないタイプ。

満腹になるまで食べ続けてしまいます。
そして次の日パンパンになったお腹に後悔する…

そんな毎日の繰り返しでした。

食べるのが大好きな私にとって
お腹いっぱい食べても太らないなんて
こんなにうれしい食事法はありません。

だって今までは
太りたくないなら食べないという選択しかできませんでしたから
ものすごいストレスだったんです。

食べたいのに食べちゃいけない!
そのストレスに耐えないと痩せれない
そうやっていつもストレスでいっぱいでした。

ご飯って美味しくて楽しいはずなのに、なんで我慢しなきゃいけないの?
そんなふうに思っていました。

まさか、お肉をいっぱい食べれば
我慢する必要なんてなくあっさり痩せられるなんて

今までの食事の常識はなんだったんだ!怒
私の今までのストレスを返してくれ!
と言いたくなりました。

そしてもう一つの大きな変化。

人生で初めて生理が28日周期でちゃんとくるようになりました。
人生初ですよ(笑)
40歳にして。
今までほとんど生理が定期的に来たことがなかったのに。

”生理がちゃんと来る”
ということはどういうことかというと
女性ホルモンの働きが正常になった
ということ。

というか、今までの40年間がどれほど異常だったのかとゾッとしました。

食事のバランスをちょっと変えただけで
今まであんなにめちゃくちゃだった生理バランスが
一瞬で改善されるなんて。

私は一生まともに生理が来ない体質なんだと諦めていましたが
この食事で生理の改善ができるとは思ってもみなくて一番驚いている点です。

だって、女性ホルモンのバランスがよくなるって
大事なことです。
肌質や体質にも関わってくる大事なホルモンの働きが良くなるなんてすごい

お腹いっぱいお肉をたくさん食べて食事が楽しい!
なのに太らない!
そして体調がめちゃくちゃ良い!
アンチエイジングになる!

まさかこんな食事法があるなんて感激しています。

出会えて良かったと心の底から思います。

肉食アンチエイジングでこれからの自分が楽しみです。


・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?





投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする