野菜を食べても健康にはなれない?!老けない・痩せる・キレイになる本当の食事とは

野菜=健康

肉、脂、油=体に悪い

というイメージが多くの人に定着しているかと思います。

テレビ、学校、親から
「野菜をちゃんと食べなさい!」

「お肉、脂は体に悪いから食べ過ぎちゃダメ!」
と言われてきました。

世の中ではそれが常識だったと思います。

長いことそれを常識として私達は信じてきましたが

ここにきてその情報が間違っていることがわかってきたようです。

”野菜が良くて、肉が悪い”という情報が間違っていたことが

今現在の私の状況と過去の私の状況を見ると一目瞭然です。

私は高校二年生の時
半年で6.5kgの減量をしたことがあります。

身長160cmで
54kgから47.5kgに落としました

その頃のダイエットの情報と言ったら
テレビや雑誌ぐらいしかありません。

どの情報を見ても
「甘いもの、肉、油を控えましょう」
「野菜をたくさん取りましょう」
「運動をしましょう」
といったところです。

私は半年間真面目にダイエットに取り組みました。

毎日、母が作った料理ではなく
自分だけのご飯とお弁当を作って食べていました。

食べ物の内容は
野菜と豆腐、のみ。
動物性食品は一切なし。
ごはんやパンは食べない
油もできるだけ使わない。
甘いお菓子やスナックは食べない。
朝、軽い体操をする。

ほとんどの人がイメージする
いわゆる典型的な”ダイエット”という食生活を半年間やりました。

常にお腹が減って体力がなくフラフラでした。
ご飯を食べてもお腹いっぱいにならなくて
でも
これがダイエットなんだ
こうじゃなきゃ痩せない
そのうち慣れる
と言い聞かせて頑張りました。

努力している私えらい!
頑張ってる私すごい!
と誰もが苦手な
”我慢、努力”
をしている自分を誇らしく思い、
唯一それだけをモチベーションにしていました。

我慢してがんばった甲斐があって
私は半年で6.5kg痩せることができました。
嬉しかったです。
何度も体重計に乗っては体重を見て達成感に浸っていましたね。

今までキツくて制服のスカートのホックが閉まらず開きっぱなしだったのが
ちゃんと閉じれるようになった

自信持って堂々と振る舞えるようになった

ほんと、痩せると自分に自信が出るんですよね。

しかし、
確かに痩せることはできました。
痩せれはしたのですが、
大きな問題がありました。

私はその半年間一度も生理がありませんでした。
でも当時は特に気にしていなかったです。

そして、ダイエットに成功したはしたけど
一体いつまで空腹を我慢しなければならないのか?
腹7分目ぐらいの食事に体が慣れると思っていたけど
全然慣れない。

そのうち
「食べたい!」
という欲求がだんだん抑えきれなくなり
ちょっとずつ食べる量が増えていきました。
結局その後半年でまた6kg太ってしまいました。

あんなにがんばって苦しいのを我慢して痩せたのに…

私は自分の不甲斐なさを責めました。
自分に根性が足りないんだ。
あんなにがんばったのにまた元に戻るなんて何をやっているんだ!

学校のみんなはあんなに痩せた体をキープしているのに
なんで私はあんなにがんばったのに痩せれないんだ。
ほんと自分が悔しかった。
がんばってるのに、こんなつらくてもがんばってるのに。

そんなこんなで
私は20代半ばぐらいまでずっと
一年間で6〜10kgの増減をする
というサイクルを繰り返してきました。

太る時は思いっきり太る
これ以上太るとヤバイ!
となったらまたダイエット
の繰り返し。

太ったり痩せたりの繰り返しで
その度に生理がないというのは日常茶飯事で当たり前みたいになっていました。
今ならわかりますが完全に栄養不足。
それを何年も何年も繰り返してきたました。

こんな自分の経験から
「太っている人は努力をしない人。だらしがない人。自己管理ができない人」
という目で他人を否定的に見るようになっていました。
もちろん太ってしまった時の自分も含めて、です。

今考えるとおかしなことです。
痩せる時は我慢と努力をして
その後その体重をキープするなら
常に我慢と努力を続けなければならないなんて。

そんな辛いことを永遠に繰り返さないと痩せていられないの?
ずっとずっと我慢していないと体型は保てないの?
世の中って辛いこと苦しいことしかないの?

人生って辛いことばっかりでもうイヤ!
なんて人生すべてを悲観していました。

しかし、
半年前ぐらいから糖質制限などの情報を知って
糖質を控えて
お肉と卵とチーズをたくさん食べる食事に変えたら
体が劇的に変わって驚いています。

痩せるには空腹を我慢して耐えなければならない
という根性論が減量のすべてでした
それなのに今は
お肉をたくさんお腹いっぱい食べているのに
体重が簡単にあっさり減ってしまうんです。

現在は47.0kg前後をずっとキープしています。

空腹がないからストレスもありません。

さらに生理が正常に来るようになったというのは
人生初のことで私にとっては本当にすごいこと。

疲れにくいし体にもハリがあって
不調を感じることがほとんどありません。

世間の一般的な常識として
ダイエットは努力しなければならない
というのがあると思います
私もそうでした

でも今40歳になって
正しい情報を得てその通りにしたら
我慢や忍耐など皆無で
簡単に健康的な体になれています

単に情報と知識が間違っていただけだったということ

あんなに辛かったダイエット経験は何だったんだ!
私のあの辛さを返してくれ!
と言いたいぐらい、今は痩せるということに対して
何の悩みも不安も辛さも我慢もありません。

それでいて健康で元気に過ごせているのだから
この差はすごすぎます。

ようは情報が間違っていた
情報を間違って実践していた
というただそれだけで。
この差。

肉食やって本当に良かったと思います。
最初は今までの常識が邪魔して
なかなか始められなかったんですけど、
ちょっとづつ実践していって本当に良かった。

肉食生活で元気で健康な人が増えたらいいな。

大沢 真衣





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする