老化を受け入れる方法

アンチエイジング
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

今回は
老化を受け入れることについて
お話しします。

 

私も以前は自分の老化が受け入れられなくて
ひどく落ち込んでいる時期がありました。

みんな老けることに何とも思わないのかな?
老化は当たり前のことなのに
気にしすぎている私がおかしいの?

気にしないでいられるなんていいなあ
なんでそんなポジティブなんだろう

若返りたい!と思う私がおかしいのかな

老化するのが当たり前なのに受け入れない方が
おかしいのかな

なんて思ったりしていました

でも今はそんなこと思いません。
というか、老化を受け入れる必要なんてないと思っています。

永遠に老化に対抗し続けてやろう!
と思ってます(笑)

 

「ありのままの自分を受け入れると楽になる」
とか良く言いますよね。

どんな状態の自分でもありのまますべてを受け入れることができたら
それは悩むことなんてないし幸せでしょう。

でも、そういう人って
「なりたい自分になるために努力する」
ってことを一切しないの?と疑問が湧きます。

なにもかも自分に満足しているならそれは羨ましいことです。

でも、私は「理想」や「なりたい自分」があるのに
簡単に諦めることなんてできないんですよ。

「だれでも年はとるもんだ」
と言われて
「そうだよね、あきらめよー」
なんてあっさり言える程度なら誰も悩んだり苦しんだりしません。

受け入れるということは諦めることです。

”あきらめて受け入れる”というのは
がんばって努力して、もうこれ以上できない!
ってところまでやった先に
自然と起こる現象ではないかと思うのです。

「私はめいっぱいやることはやった
これ以上やれることはない
もうくいはない」
そう思えた時に自然と開放される現象ではないかと。

私は、老化はある程度は防げるし
ある程度は回復もできると思っています。

現に、私達の親世代の頃と比べたら
全体的に若く見えるようになりました。
寿命だって伸びています。

老化の研究だってどんどん進んでいます。

簡単にあきらめてしまう前にやれることがあるならやりたいですね、私は。

 

だって若々しさがあれば
自分の着たい服のバリエーションが広がって
その分だけ楽しみや喜びが増えますし、

メイクやヘアスタイルも楽しむ幅が広がります。

「もう年だから…」
という制限はできるだけない方が楽しいじゃないですか

楽しみはできるだけ多い方がいいじゃないですか

 

年は必ずとるもの
いつかおばあちゃんになります

早くおばあちゃんになりたいか
できるだけ若くいたいかで言ったら
私は若いほうがいいです。

だから若くいられるならその努力をする

私はただただ単純にシンプルに行動したいと思ってます

 

私は今、肉食(高タンパク質食)を実践していますが、
爪が強くなったし肌がプリッとしてきたし
疲れにくくなって体調はめちゃめちゃ良いです

体に変化があることが楽しいです

顔のストレッチや簡単な体操もやっています。
表情筋がやわらかくなったし
口角が上がりました。

運動をすることによって今後どんな変化があるかが楽しみで
ウキウキしながら実践しているのが本当に楽しい。

なりたい自分になるために
目的に向かって何かに励んでいる。
それだけでもウキウキわくわくして
毎日が楽しいです。

 

老化している自分に何もしないで
ただ落ち込んでいるだけでは
何も変わらないどころか
表情は暗くなるし、ストレスで肌に悪いわ
健康に悪いわで、さらに老化が進むはめになるだけ。

 

アンチエイジングの情報や知識は探せばいろいろ見つかります。
高額な美容医療もありますが、
私のように普段の食事を変えるだけで
お金のかからないもの。
プチプラ美容など様々です。

「老化を受け入れるにはどうすればいいのか」
なんて考える前に、やれることはたくさんあります。

なにもせずにあきらめてしまうなんて
もったいなさすぎます。

老化はつらいです。
悲しいです。

でも、私はちょっとでも老化を後退できたと思えたら
すっごく嬉しいし気分が上がります。

ちょっとでも気持ちが前向きになれればいいし
ちょっとでもウキウキする気持ちになれたら
それだけでもいいと思うんですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました