運動でリフレッシュ!うつ病でも今すぐ簡単にできる運動を紹介

うつ病
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

「うつ病の人は運動するといいよ」

というのは聞いたことがあるかと思います。

運動することによってうつ病改善に効果があったという報告はいくつもあり

実践した人は「絶対やるべき!」と強くおすすめするほど

運動はかなり効果があるもののようです。

 

でも、運動しようと思っても体がだるくて動かない

という人は多いはず。

 

というわけで今回は、うつ病の人でも

家で簡単に手軽にできる運動の方法を紹介します。

 

運動はなぜうつ病に良いのか?

運動することによって血流が良くなって

脳内に不足していた脳内物質が行き渡り

脳を正常な状態に近づけてくれます。

 

また運動して体力を使うことによって

夜眠りやすくなります。

しっかりと睡眠をとることによって脳をしっかり休めることに繋がり

うつの改善に効果的です。

 

どんな運動をどのくらいしたら良いの?

運動療法で取り入れられるのは

ジョギング、水泳、エアロビクス、自転車、ウォーキングなど。

同じリズムで続ける有酸素運動です。

やり終わった後にじわっと汗をかいて爽快な気分になるのが理想ではないでしょうか。

 

でも、運動する元気がない…

「運動がうつ病に良い」というのはおそらく誰もが想像できることだと思います。

運動してスカッとしたら鬱々とした重い気持ちが吹き飛びそう!

運動ができるものならしたい!

きっと誰もがそう思うでしょう。

 

でも…

うつ病の時は体が重くて、

ご飯を食べるだけでもしんどい

歯磨きやお風呂に入るだけでもしんどい

洋服を着替えるだけでもしんどい

そんな状態なのに運動するなんてちょっと厳しい

運動をしたい気持ちがあっても体がついてこない

 

それに

運動するための洋服や靴を持っていない

わざわざ買いに行く気力がない

女性でしたら

外に出るために多少は化粧とか身だしなみを整えないといけないけど

それもしんどくてつらい

 

そう、運動がいくら良いと言っても

めちゃくちゃハードルが高くて行動できる人はなかなかいないのです。

 

中には奮起してスポーツジムに通い出す人もいらっしゃるようですが

そこまでの気力・体力がない人がほとんどではないでしょうか。

 

そこで、おそらくこの世でもっとも簡単で手軽な運動の方法を紹介したいと思います。

 

世界一簡単でお手軽なうつ病に効果的な運動とは

その場でただジャンプする

 

たったこれだけです。

今すぐできます。

 

運動するために着替える必要もありません。

お化粧して身なりを整える必要もありません。

外にでる必要はありません。

天気や気温を気にする必要はありません。

気合もいりません。

  1. 立ち上がる
  2. 軽く数回ジャンプ

以上!

 

体の力、特に肩の力を抜いて軽く飛び跳ねます。

そんな高く飛び上がる必要はありません。

ほんの少し地面を離れる程度で大丈夫。

できればつま先で着地するようにするとふくらはぎに力が入って

足の血行促進にもなり冷え性にも効果があります。

 

30回も飛んだらじわっと体が温かくなります。

1分ほどで汗をかきますし、足先がポカポカ温まってきます。

全身の体温が上がって心地よい爽快感が得られたら終了!

 

ただその場で飛ぶというだけなのに

結構疲れますし、ちゃんと運動した感覚を得られるんです。

 

私は今現在うつ病ではないのですが、

ついついネガティブな感情で頭がいっぱいになって苦しくなったり

過去を思い出して怒りが溢れたり悲しくなったりが止まらなくなることがあります。

「あ、やばい!こののままイヤな感情に押しつぶされてしまう!」

と危険を感じたらすぐにこれをやっています。

これをやると本当に一瞬で頭の中がすっきりするんですよ。

脳内の循環が良くなるというか。

 

さらに体中の血行がよくなるので冷え性にも効きます。

私は冷え性なので、いつも足先が冷たくなってしまいます。

でもこの”その場ジャンプ”を30秒もやればすぐに足先がポカポカ温まります。

足先の冷えってなかなか治らなくてつらいものなんですが、

この方法だと一発で解消できます。

 

気分転換になるので会社のトイレでこっそりできるというのも良いです。

自分が立つスペースさえあればどこでもできるというお手軽さ。

 

 

私はこの方法をやるようになってから無駄に落ち込んだり

怒りを溜め込んだりしないようになりました。

 

私は昔から本当にネガティブな性格で

一度イヤなことがあると何日も忘れられず

ずっとずっとイヤな気分を引きずって

頭の中がイヤなことで膨れ上がってどうにもこうにも処理しきれない状態になって

パンクしそうになって辛くて苦しい思いを何度もしてきました。

私がうつ病になったのもそういう思考の延長だったんだと思います。

 

ネガティブな感情が起こったらできるだけ早く処理して解決したほうが良いんです。

長くストレスを受け続けることがうつ病につながりますし

ストレスはうつ病以外にも様々な病気や症状を引き起こす源です。

大きな病気ですとガンなど死に至ることになる重大な問題です。

 

 

うつ病の時は特にお手軽に簡単にできることをやる

ってことがすごく大事です。

大きなことをやろうとすると挫折して

さらに自分を責めるという悪循環に陥りがちなので。

 

なのでその場でジャンプする

たったこれだけの簡単なことで

ほんのちょっとでも体と脳内が軽くなれば

次の改善のステップにも進みやすくなるはずです。

 

お手軽にお気軽にってところが一番のポイントです。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました