うつ病は医者では治らない 皆知らない精神薬と医療の真実

こんにちは、真衣です。

今日は薬の怖さと医療についてお話します。

私はうつ病になった時、心療内科にかかってごく普通に投薬治療をしていました。

でも精神薬服用開始から1年2ヶ月目に断薬しました。

なぜ断薬したかというと、そもそも薬にはうつ病を治す効果はないことを知っていたからです。

じゃあ、なんで飲んだのか?と言われると
あまりにも症状が酷くて一時的にでもいいから楽になりたいという思いで薬を頼りました。

一時的に飲むつもりだったのに気がついたら常用してしまっていたんです。

飲んでいる人ならわかるはずです。
精神薬は飲んでいる時だけ症状が緩和され、薬が切れると元に戻ります。

つまり治してはいないんです。

医療の本質を早くに知れたのはラッキーだった

私の父は私が25歳の時にガンになり、その2年後に他界しました。

今から約16年前です。

父がガンになった時、私はインターネットでとにかくガンが治る情報を探しまくっていました。

その時にガンの治療について西洋医学の本質を知ったんです。

西洋医学は病気の原因を治さないということ。

ガンの手術が一番わかりやすい例です。

ガンができたらできたガンを手術によって取り除きますよね。

そうするとガンは一瞬で消え去るのでそれで「治った!」と錯覚します。

でも、実際のところガンの本当の原因は何でしょうか?

普段の生活のストレスだったり食生活だったりお酒だったり、何かしらの原因があったからガンはできたんです。

なのにその原因はそのままにして表面に出てきたものだけを切り取っているのがガンの手術です。

つまり、木の根っこはそのまま残して、表面に見える木の部分だけを切り取っているにすぎないんです。根っこがそのまま残っていたら木はいくらでも生えてきますよね。
ガンもそれと同じで、手術して取り除いても原因を治さない限りはまたいくらでもぶり返すんです。

ガンをちゃんと治すならガンになった原因を突き止めて、原因を改善しない限りは根本的に治るということにはならないはずなんです。

風邪薬は風邪を治していない

風邪薬に限らずですが、世の中の薬はほとんど病気を治す効果はありません。

この風邪薬の話は小学校4年生の時に理科の先生が雑談がてらに話してくれたことなのですが、当時かなり衝撃を受けました。

だって、いつも風邪をひいたら親に
「薬をちゃんと飲みなさい!薬を飲まないと治らないでしょ!」
と言われて、飲みたくないのに無理矢理飲まされていましたからね。

風邪薬は風邪を治す作用はありません。

じゃあ、風邪薬って何なの?というと

風邪の症状を抑える作用があるだけです。

咳や鼻水、のどの痛み、熱など、風邪によって現れる症状に作用するだけであって、風邪そのものを治してはいないのです。

じゃあ、どうして風邪が治るの?というと
それは人間の免疫力です。
人間が持つ自己治癒力で風邪は治っています。

世の中のほとんどの薬がこれと同じで、病気の原因に直接作用している薬はほとんどありません。せいぜい”症状を緩和するもの”ぐらいなのです。
(※直接作用する薬は抗生物質などです)

それなのにほとんどの人は薬が病気を治してくれてると思い込んでしまっているんですよね。いや、思い込まされていると言った方がいいかもしれません。

精神薬も同じで、うつ病を治しているのではなくうつによって現れる症状に作用する働きがあるだけです。

なので「うつ病になって10年です」とか治らない人がたくさんいて当然。

たまたま治った人は決して薬が治したのではなく、何かしらの別のきっかけや要因によるものです。(休息であったり環境の変化だったり)

薬や医療の本質を謳う本はたくさん出ているので良かったら下記参考にどうぞ。

薬は危険な毒物

薬は病気を治していないというだけのものではなく、本来体に取り入れるべきではない危険な物質です。

その証拠に、医療で処方される薬は国家資格を持った医師や薬剤師しか扱ってはいけない決まりになっていますし、出す量も決められています。

なぜ薬がここまで厳重に扱われているかというと

一歩使い方を間違えるととても危険なものだからです。

実際、精神薬などを大量投与すれば死に至る場合がありますから。

薬を飲むと免疫力が下がり他の病気を引き起こしやすくなる

薬は本来は体に取り入れるべきではない有害な物質です。

薬が体に入ってくると、体の免疫機能が働き、薬を追いやろうと必死になって働きます。

それが毎日のように何年も薬を飲み続けるとなると体の免疫機能はどんどん疲弊して衰退してしまいます。

それによって新たな別の病気を引き起こしやすくなります。

また、無駄に体の機能を酷使され続けるので老化の原因にもなります。

薬一つでは変わらないかもしれないけど、飲めば飲むほど体に悪いことは明らかです。

徐々に蓄積されていくので本人は気がつかない場合もあるかもしれません。

↓精神薬投与による影響が語られている動画です。(8分ほど)

薬物依存と禁断症状、離脱症状

精神薬が一番厄介なのは依存性があることです。

薬を中断すると離脱症状が起こります。
離脱症状はうつ症状以上に激しい苦痛を伴います。

この離脱症状がかなりキツイので簡単に薬を辞めるのが困難になってしまい、一度薬を飲むと永遠に飲み続けなければならないような状態に陥ってしまう人が多くいるのです。

精神医療の真実

こちらの動画は精神薬の危険性についてかなり詳しく説明された動画です。

精神薬と精神医療についてのすべてがわかります。

なんらかの精神医療を受けている人に全員見てほしいです。

全部で4時間ぐらいある動画が41部に分かれています。

↑こちらの動画をクリックすると全41動画が順番に再生されます。

4時間も見る時間ないよという方はこちらの4動画だけでも御覧ください。
1動画8分程度です。

■精神薬の副作用について


■精神薬の依存性と中毒性について


私が今後精神薬を絶対に飲まない理由

精神薬だけでなくすべての薬はできるだけ飲みたくありません。

新たな別の病気を引き起こす原因になり、老化が進み、不健康になるのは嫌だからです。

精神薬は特にです。

私は実際に断薬を経験し、精神薬は麻薬だと自分の体で体感しました。

断薬での離脱症状は体が引きちぎられそうなくらい苦しくて辛かったです。

耐えたのは奇跡だと思うぐらいです。

拷問とも言える苦痛を味わいました。

あの苦痛は二度と味わいたくありませんし、もう耐える自信がありません。

断薬で離脱症状を軽減するなら徐々に減薬することです。

しかし、この”薬を辞めるため”だけの減薬に短くても半年い人で一年半もかかる場合があります。

薬を辞めるためだけに何年もまた医療にかかって薬を飲み続けなければならないんです。

上の動画を見たらわかると思いますが、精神薬はとても危険なものです。

危険なものだとわかっていながら減薬するためとは言えさらに何年も飲み続けるとなると、さらに余計なストレスがかかってしまうと思います。

私はそれが嫌で一気に断薬をしました。

薬以外でうつを治す方法は?

今では薬を使わない精神科医もあります。

薬以外の治療法があるならいろいろやってみていいんじゃないかなと思います。

私が住んでいた場所は田舎なのでそういう医療機関がなく自力で治すしかなかったですが。

私がやったのは思考を変えたことです。

物事の見方を変えるという感じです。

ようは認知行動療法の一種だと思ってます。

私は思考ひとつでうつは治ると思っています。

思考を変えるのはちょっとしたきっかけがあれば可能です。

以前の私は

ずっとイライラし続けたり、

「許せない!」という感情から抜け出せなかったり

どうせ私なんて…と何日も沈んで落ち込んだり

とにかくマイナス感情が勃発すると抜け出せなくて
ずっとずっとストレスを抱えてしまう性格でした。

今は本当に穏やかになりました。

生きていれば多少はイラッとすることはありますが、
あっても長々とずっとイライラを引きずることはなく
すぐに忘れてしまうようになりました。

不安な出来事があっても的確に考えて対処できるようなったし。

ものの見方が幅広くなったなーって思います。

”考え方”や”ものの見方”ひとつで生きる世界がこんなに変わるとは思ってもみませんでした。

実はうつから抜け出すことって、思っているよりもずっと簡単なことなんです。


・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?





投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. seachicken より:

    自分は先月クリスマス前に鬱病と診断されました。鬱を克服された方の体験情報はとても励みになりますので今後も参考にさせていただきます!

    • 真衣 より:

      こんにちは
      コメントありがとうございます。

      私はうつを克服しようとされている方を応援してます。