世の中に不必要な人なんていない。自然の摂理が教えてくれたこと

こんにちは、真衣です。

今回は
”世の中に不必要なものはひとつもないんだよ”
って話をしようと思います。

私は3年前ぐらいに
無肥料栽培のセミナーというのを受けたことがあります。
一日だけのプチセミナーです。

そのセミナーで生き物には必ず存在する意味があるんだってことを知って

生きる希望を持つことができました。

私がうつから回復のに大きなきっかけになった出来事です。

「無肥料栽培」とは?

簡単に言うと、農薬も肥料も使わずに野菜を栽培する農法のことです。

「自然栽培」という言い方をされることもあって、
人の手をほとんど加えずにほとんど自然の力だけで育てる農法です。

とは言ってもこれはまだ一般的に確立された農法ではないので、こういうものが無肥料栽培だという明確な区分みたいなのはないようです。

実践されている農家さんもまだ少ないです。

ちなみに有機栽培(オーガニック)は有機肥料を使うのでそれとはまた考え方もやり方も違うものになります。

私はとくに農業に興味があったわけではないのですが、
無農薬の野菜とかに興味があったので軽い気持ちで参加しました。

この自然栽培がどういうものなのかを知った時に
今までの農業の常識が破壊されました。

と同時に、生き物とは何なのか、生きることって何なのかを考えさせられました。

無肥料栽培と普通の栽培方法の違い

まず、無肥料栽培とはどういうものなのかを簡単に説明します。

農家さんって毎日農作物の世話をしなければならなくてすごく大変なイメージありませんか?
毎日水をあげて、毎日肥料をあげて、温度を管理して、などなど。

ですが無肥料栽培は基本ほったらかしです。

ようは、野生に生えている植物と同じように成長させることを基本に考えているからです。

野生に生えている草木は勝手に育ちますよね。
当たり前なんですが。

出来る限り自然の力だけで勝手に育ってもらうという感じです。
人間がやるのは最低限の補助だけ。

本来ならば人間が手をかけないと育たない植物なんてないんですよね。

放っておけば育つのが自然の仕組みです。

じゃあ、なんで世の中の農作物は毎日手をかけるかというと
そういう育て方をしないといけない仕組みになっているからです。

世の中の農作物はより生産性を高めるためのシステムで成り立っています。
つまり、人間の都合に合わせて都合よく育つことを目的にされています。

・短時間(コスト削減)
・無駄を省く
・いつも同じ味
・いつも同じ大きさ
・いつもお店に並んでいる

いかに便利でいかに効率よく栽培するかを重視した栽培方法なんですね。
自然界の植物とは環境も種もまったく別物なんです。

で、無肥料栽培の特徴でとくに驚いたことは

  • 土を耕さない
  • 水を与えない
  • 雑草を除去しない
  • 害虫を除去しない

ということ。

とにかく今一般的に行われている農法とは真逆のやり方なんです。

無肥料栽培セミナー本当におもしろかったです。
これまでの常識の逆のことばかりで、すっごく勉強になりました。

虫にも微生物にもちゃんと役割がある

その中でも私が一番感銘を受けたのは
”虫との共存”です。

農業で虫と言ったら、害虫として駆除されるのが一般的です。

でも無肥料栽培では虫を駆除しません。
むしろ共存することを当たり前としています。

野菜を人間が食べるものだとするから虫は害になるのであって
本来は野菜や植物と虫は密接に関わり合って生きている存在です。

人間の都合だけで害だとされて駆除されているだけなんですよね。

一般的には害虫として扱われる虫ですが、ちゃんと役割や意味があって
中には生殖の手助けをしたりもしています。

野菜に虫が寄ってくるのにはちゃんとした理由と関係性があるからなんです。

他にも、土の中にいるミミズや微生物だって植物と関わるための理由がちゃんとあります。

私はこの話を聞いた時ハッとしたんです。

どんなちいさな虫だって微生物だって、

必ず意味があるから存在しているんだよってこと。

つまり、必要じゃない生命なんてないってこと。

無意味な生き物なんていないってこと。

それが自然の本来の形なんだってこと。

その時思ったんです。

どんな生き物にもちゃんと意味があるとするなら、
私にも何か生きる意味や価値はあるんじゃないかって

具体的に私の生きる意味はこれだ!とかはわからないけど。

私は無肥料栽培の話を聞いただけなのに
なんだか生き方の視野が広がった気がして
気持ちがパーッと開けたんです。

だって、ずっとずっと
自分の生きる意味もわからなかったし
自分の価値なんてなにもないと思っていましたから。

その日は何か自分が大きく成長できた気がして
いい意味で胸がドキドキしていたのを覚えています。

それからは、どんな人にも必ず役割や意味があるんだって思えるようになったことによって、なんだか優しくなれた気もします。

私の大嫌いな人であっても、どこかの誰かからは必要な人なのかもしれないって思うと、私が嫌いとか思うことなんてどうでもいいことなんじゃないかって気になったりして。

無肥料栽培のセミナーは
ようは自然界の法則が基本みたいなものを学べたのかなって感じです。

今回は
ちょっと視野を広げるだけでこんなに世界が変わるんだなってことを経験したお話でした。

真衣





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする