うつ病は治らないと思ってた。自分には治せる気がしなかった。

私はうつ病になってから治るまでの4年間
自分のうつ病が治るとは思っていませんでした。

とくに最初の1年は
症状がひどすぎて
治ることを想像することが
まったくできませんでした。

うつ病を治す方法はいっぱい調べました。

その中でやれそうなことはやりました。

医者は4回ぐらい変えて自分に合う所を見つけるようにしました。

うつ病の知り合いが「亜麻仁油がうつ病に効くよ」と教えてくれたので
速攻で買って試しました。
結果、お通じは良くなったけどうつの効果はありませんでした。

また別のうつ病だった知り合いは
とあるお寺でお坊さんがカウンセリングみたいなことをやっている所があって
そこでのカウンセリングが効果があったと言っていたので
そこに通うこともしました。
残念ながら私には効果を感じられなくて行かなくなりました。

うつ病が治った人の体験談もいっぱい調べました。

でも、どれを見ても
自分が治ることを想像することができませんでした。

体験談を見てもその人が20代だと
「この人は年齢が若いから治ったんだ。
若いからこの先いくらでも未来があるから。
私はもう36歳だからこの人とは違う…
私には無理」

と年齢の違いで自分は無理と諦めてしまったり、

家柄とか、職業とか、家庭環境とか、
何かしらその人に優位な部分がある場合がほとんどだったため
自分との格差を感じてしまい
私みたいな言語障害持ちで何の才能もないダメ人間には
うつ病が治っても生きていく希望も持てないし
生きる意味なんかないじゃないか
って思ってしまって
自分がうつ病が治る気なんてこれっぽちもありませんでした。

私にはこれといった才能もないし
中途半端な言語障害があって
まともに働くこともできない人間です。

人間関係も苦手で希薄なので
人のつながりで仕事をさせてもらえたりとか
そんなこともできません。

貯金は4年ほどで底を尽きるほどしかありません。

私は平凡以下の下等な部類の人間です。

そんな何の価値もないような低レベルな人間が
うつ病を克服した体験談は見つかりません。

みんな、結婚していたりとか
才能ある手に職を持っていたりとか
なにかしら持っているものがあるけど
私には本当に何もないんです。

だから
私みたいな下層の人間が
うつ病を治して復活することなんて
不可能だとしか思えなかったんです。

治るとは思えませんでした。
本当に。

自分がダメすぎて
生きる希望がまったく持てなくて。

とは言うものの
今はうつ病は治りました。
うつになってから約4年後ぐらいですが。

お給料は低いけど
普通の事務の仕事をしていて
ごく普通の平凡な暮らしをしています。

治るとは全然思えなかったけど
私は治りました。

治るとは思えなかったけど
「治したい」
って思いだけはありました。

私は独り身だし
才能も仕事もなかったし
言語障害があって
普通以下レベルの人間です。

そんな人間でも
うつ病を治せて
普通に暮らせるようになりました。

だからきっと
誰でもうつ病は治せるものなんだと
私は思います。

うつ病を治すのには
何かしらがんばって努力しないといけないんじゃないかと思っていましたが
実際のところ
私は努力をしたという感覚はなく
ただ楽しんだ、という感覚が大きいです。

本を読んだり、ネットの情報を得たりすることで
自分自身が成長して変わっていくのが
ただ楽しかったです。

うつ病を治すのは
難しいことでもないし、大変なことでもないはずです。

うつ病を治すってことは
本当の自分を取り戻すっていうことだと思うんですよね、私は。

うつ病は治らないと思ってる人でも
治すことは全然可能です。
私が治ったんだから。





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする