うつ病は心の摩擦。本当の自分と”誰か”に支配された自分との葛藤。

うつ病
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

私達は
真っ当な人生や
恥ずかしくない生き方を
しなければならないと思い込まされてる。

学校の成績が悪ければ
ダメ人間扱いされ。

ちょっと間違った行動をしただけで
否定され怒られ。

誰かの考えたルールにそぐわなければいけないんだと教え込まれてきた。

でも
それは誰かにとっての真っ当というもの。

私にとっての真っ当ではない。

誰かにとって
「それは良くない」
と見られる自分ではいけないという認識は捨てていい。

誰かにとっての自分であるために
私達は存在しているのではないのだから。

私は私自身のために存在している。

他の誰かの意見よりも
自分の気持ちをまずは第一に目を向ける。

それが自分の軸になる。
軸が強くなる。
軸が揺るがなくなる。

そうすることで
心が不安定でグラグラすることはなくなる。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました