うつ病の休養中に何をしたらいいの? やってはいけないこととやるべきこと

こんにちは
真衣です。

今回は、私の療養中の実体験をお話します。

私はうつ病になって仕事を辞め、
1年8ヶ月の自宅療養期間を経て、
その後仕事をしながら回復しました。

その中で
自宅での療養中に何をしていいのかわからなくて
ものすごく迷走していました。

「家事はしたほうがいいのか?」
「無理してでも外に出かけたほうがいいのか?」

など、
何が正解がわからず
自分のやっていることにずっと不安や罪悪感を感じていました。

それと、今思うと
自分では良かれと思ってやったことが
実は悪化させてしまったりとかよくありましたね。

NG:家族や友人に気を使うこと

家族や友人は、良かれと思って
うつ病の私を外出に誘ってくれることがよくありました。

家族や友人は
「外に出て遊んだほうがきっと良いだろう」
と思っているのだと思います。

私は「せっかくいっしょに出かけようとしてくれるから…」と
相手に気を使って、行きたくもないのに無理して外出してました。

お風呂に入ったり化粧をしたりするのが本当にしんどくて
それだけでギリギリ限界みたいな状態なのに
無理矢理必死になってがんばって相手に合わせてました。

NG:義務感でやること

また、自分自身でも
「本当はしんどくて行きたくないけど
無理にでも外に出た方が良いかもしれない」
と思ってました。

できるだけ健常者と同じ普通の行動をできるようにした方が
回復するのではないかと思ってがんばってました。

今思うと、これは良くなかったなと思います。

結局のところ
これって「やりたくないけどやる」という行為です。

本心ではやりたくないけど、やったほうがいいかもしれない
という義務のような気持ちでやっていることなので
結局は精神にも体にも無理をさせてることなんです。

気を使って
とか
申し訳ないから
とか
嫌だけどリハビリになりそうだから
とか
自分の意思ではないことです。

私はそうやって
周囲に気を使って自分に無理をさせていました。

今思うとこれは回復には逆効果だったなと
反省する点です。

「やりたいこと」「したいこと」に
ちゃんと向き合うことが
うつ病にとってはとても大事なんです。

そもそもうつ病って
言い換えれば「生き辛さ」と同意だと思うんです。

仕事や生活上で
「こんなんじゃない!」
「こんなのはいやだ!」
という
現実と心との相違が
体に表れているものだと思うのです。

「本当に自分がしたい」と思うこと
「やりたい!」と思うこと

そういう気持ちが湧いてこないうちは
何もしない方がいいと思います。

「〜したほうがいいかも」
「〜するべきかな」
というものはすべてやらないでいると

「〜したい!」
という気落ちが湧いてきます。

私が回復するまでの経緯

私は実際のところ
週に1〜2回は必ず外出をしていて
それ以外の日は
本当に一日中何もせずに過ごしてました。

朝起きて犬の散歩だけは行ってました。
犬には本当に癒されてたので
散歩だけは欠かしませんでした。

散歩から帰ったら
あとはぼーっと、ダラダラするだけです。
ほとんどTwitter見てたかもしれません。

元々の趣味だった
絵を書くことやカメラ、裁縫などは
やろうと思っても
気も体も重くてまったくやる気になれませんでした。

何もしない日が6ヶ月ぐらい経ったころから
ようやく変化が表れました。

自分の足で洋服を買いに行ったり
本屋さんに行ったり
「出かけよう」
と思えるようになって
行動できるようになって行きました。
もちろん少しづつです。

今日は買い物に行ったけど
次の日は疲れたから無理だ…
というサイクルを繰り返しながら少しづつ。

何もしない日々の間
正直ずっと罪悪感がありました。

家族や他の人たちは
一生懸命働いてるのに、
私は何もせずにいて申し訳ない。

何もできない自分に苛立ちを感じて
自己否定ばかりしていました。

悔しくてどれくらい泣いただろう…

いろんな悔しい気持ち
怒り、苦しみ、苦痛

悩み苦しみながらも
何もせずにいたら
いつの間にか心も体も徐々に回復していきました。

「療養しているけどなかなか良くならない」
という人は
実は無理をしているんじゃないでしょうか?

気を使って無理矢理家事をしていないでしょうか?

周囲に気を使ってやりたくないこと無理にやっていないでしょうか?

私も、無理せずに本当に何もしないでいたら
もっと早く回復してかもしれないなぁ
と思います。

まとめ

・療養中はやりたくないことはやらない
・したいことだけやる
・したいことが見つからない時は何もしない
これだけです。


・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?





投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする