うつ病は脳内物質の異常 というのはただの仮説

こんにちは、真衣です。

今回はうつ病というものの真実についてお話します。

うつ病は脳内の神経伝達物質であるモノアミン(セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリン)が不足することによって起こるもの

とされていますよね。

うつ病のサイトを見ると
みんなそう書いてあります。

製薬会社も医者もそう言います。

しかし、これ
ただの仮説ということをご存知でしょうか。

実際にうつ病の人の脳内を調べて
確認した事実ではないのです。

実は誰も脳内で実際に神経伝達物質を確認してはいないのです。

もしその確認ができるのなら
うつ病患者はちゃんと検査というものを受けられるはずです。

なのに現実は

「つらいです」
とか
「やる気がなくて」
という
口頭での問診のみで
病気と診断がされている現実。

異常な世界だなと改めて思います。

私が初めて心療内科に行って
診察を受けた時も

「え?こんなアンケート用紙と
3分程度の問診するだけで診察なの?

これが医療なの?

という違和感を感じずにはいられませんでした。

でも、その時は体も精神も限界だったので

「これで薬がもらえる!
やっと楽になれる!」

と、救われた気持ちになりました。

でも、実際の所
私は薬は全然効果がなく
なんの意味もなかったのですが…

世の中の情報は結構適当

実は
世の中の情報は
仮説によって成り立っているものがたくさんあることをご存知でしょうか。

また、仮説ではないですが
仮説に近いぐらい
お粗末な研究結果によって情報が成立してしまっている事実を。

卵のコレステロールは高いから食べ過ぎは良くない

「卵はコレステロールが高いから1日1個」
ということを
私は家庭科の授業で習いました。

卵にはコレステロールがたくさん含まれているから
たくさん食べてはいけない
と教えられてきました。

もちろん親や友人、テレビの情報もそうなので
それが一般常識でした。

しかし、ここ最近になって
卵はいくら食べてもコレステロールが上がらないことがわかりました。

今では
「卵は1日3個以上食べましょう!」
とか
「食べれるなら10個食べてもいい」
という医療関係者もいるぐらいです。

そもそも
卵がコレステロールが高いから食べすぎてはいけない
という研究結果が
蓋を開けたらかなりお粗末だったのです。

その実験はうさぎで行われました。
うさぎに卵を与えたら
コレステロールが血管が詰まったというものでした。

まずうさぎは草食動物なので
卵は食べません。
そもそもタンパク質を分解できない動物に
卵食べさせて「異常が起こった」と言う
ちょっとあきれる研究だったのです。

しかし、そんな研究だったにも関わらず
私達は何十年もそれを当然のように信じていたのです。

世の中には
これに近いような研究が山ほどあります。

薬の処方は賭け事と同じ

うつ病の話に戻します。

うつ病は脳内の異常なのだというのは仮説です。
その仮説を元に薬は作られています。

そう考えると効果があるのが2割しかいないというのもうなずけます。

抗うつ薬は8割の人に効果がない事実
うつの8割に薬は無意味 posted with ヨメレバ 井原裕 朝日新聞出版 2015年05月13日 Amazon...

そもそも、うつ病の原因や状態は
実際のところ何もわかっていないです。

もしかしたら本当に脳内物質が異常になっていて
薬が正常に作用したことによって
症状が良くなったというケースがあるのかもしれません。

ですが、
現実として
8割の人には薬は効かないのだから

その8割は
「脳内物質が異常になっている」
ということが当てはまらないことを証明していると言ってもいいはずです。

私も最初
ただの仮説によって薬が作られ
処方されているという現実に驚きました。

医者や製薬会社からしたら
”2割の人に効くんだから
やってみないとわからないじゃないか”
という賭けみたいなことをしているに過ぎません。

そして「効かない」
という患者に対しては
薬を変えたり、増やしたりして
どんどん人体実験を繰り返して行っているだけです。

”もしかしたら…”

というたった2割の運に賭けて…

<参考図書>





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする