「うつ病を治したい」という気持ちがあるだけでもすごいこと

こんにちは、真衣です。

あなたは
「うつ病を治したい!」
って思ってますか?

私はそう思えることだけでも
すごいことだと思います。

というのも、
私は「うつ病を治したい」っていう気持ちを
なかなか持てなかったからです。

「私がうつ病を治したからって何ができる?」
ってずっと思ってましたから。

うつ病を治したその先の
夢とか
やりたいこととか

なーーーーんにもなかったです。

治したい
なんて全然思えなかった。

むしろ、
治るのが怖いとすら思ってました。

治ったら働かなきゃいけない。

私は
働くのが怖くて怖くて
想像するだけで恐怖で吐きそうになるぐらいでした。

働くのが怖かったし、
また社会に出るのが怖くて怖くてたまらなかった。

毎日毎日同じ時間に起きて
しんどい日でも
疲れた体ひきずって

やりたくもない仕事を8時間
我慢してやらなきゃいけないのか…

しかもこの先
何十年も続くのか…

そう考えただけで
この世から逃げ出したくなる気持ちでいっぱいになりました。

この社会で生きていくのが
本当に苦しくて嫌で嫌でどうしようもなかったです。

だから、
私はうつ病を早く治したい
なんて思いは全然なかったです。

治りたくなんかなかった。

「早く治りたい」
と言ってる人を尊敬してました。

だってそれって
治ってからの夢や
目標がないとできないことですからね。

私には夢も目標もなかったので
治りたいなんて思えなかった。
そんな自分が情けなく思えました。

治りたいって思えるってことは
夢を持ってるってことですよね。

夢を持てるなんてすごいことです。

「治りたくない…」
としか思えなかった私に比べたら
ずっとずっと前向きです。

「治りたい」って思ってるだけで
前に進んでいると思います。

私は「治りたい」って思えるようになったのって
かなり遅かったです。

1年間ぐらいは
「治るのが怖い」
って思ってました。

治ったら社会に放り出される
って怯えてました。

「治りたい」って思えたら
あとは進むだけです。

立ち止まっているのと
少しでも進むのとでは
大違いです。

「治りたい」って気持ちは
大きなパワーです。





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする