うつ病は気合ややる気では治らない。必要なのは知識。

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

 

「こんなに治ろうとしてるのに…

なにもうまくいかない」

 

「こんなにがんばろうとしてるのに

体が動かない…」

 

一生懸命頑張ってるのにうまくいかない時、
悲しくて泣きたくなりますよね。

 

 

私は一時期
昼夜逆転してまして、

昼の12時を過ぎないと起きれない時が
3ヶ月ぐらいありました。

なんというか、
情けなくなるんですよね。

一日を無駄にした…
って。

「今日こそは朝ちゃんと起きよう!」

と前日に思っていても
次の日全然起きれない。

次の日こそ!

次の日こそ!

って気合を入れても全然起きれない。

何日も何日も続くと

もう、自己嫌悪で死にたくなるんです。

 

起きるだけができないって
何なんだ私は…

 

って
自己否定に陥って
さらに精神ズタズタでした。

 

気合ややる気って大事なものですが、

それだけじゃ人間は行動できないものです。

 

 

ほとんどの人はそれを知らないのです。

だって、誰も教えてくれないから。

 

何をするにも

本当に必要なことは知識です。

 

知識がないと人は

何をやってもうまくいきません。

 

逆に知識があれば

行動もできるしうまくいく。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました