価値のない人間は安楽死できたらいいのにって本気で思ってた

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

価値がない人間は簡単に安楽死できるシステムがあればいいのに
と思ってました。

 

私は社会人としてのレベルに達しない
欠点だらけの人間です。

 

吃音という言語障害で
社会人として当たり前の
しゃべるということができません。

 

まともに働けないってことは
お金を稼げないのだから
生活が楽になることはなく
常に切羽詰まってて
楽しいことなんて何もなくて

何の楽しみもなく
生き甲斐もなく
生きなければならないってこと。

 

そんな未来がわかりきっているのだったら
生きていく気力なんて湧きません。

 

だったらいっそのこと
安楽死を選ばせてもらえないかな
って本気で思ってました。

 

世の中って生きにくい。

 

今でもそう思いますが
うつ病だった頃はもっと思ってました。

 

生きづらさを抱えながら生きなければならない辛さ。

 

何なんだろうね人生って。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました