うつは甘えだけど、それが何?

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

うつ病は甘えかどうかというと
私自身は甘えだと思う。

 

もし
「今、この作業ができなかったら死刑」
って言われたら
死に物狂いで必死に体動かすと思うしやるんじゃないかなって思う。

 

結局のところは
やらなくてもいい理由があるから
やらなくてもいいや
っていうのがあった。
私の場合はそうだった。

 

今日仕事に行けなくても
すぐに死ぬわけじゃないし、

 

家事ができなくても
今すぐ死ぬわけじゃない。

 

家族に見捨てられて家を追い出されることも
現実的にありえない。

 

毎日ご飯が食べれてる。

暮らす家もある。

ちゃんと洋服を着てる。

スマホやPCでインターネットが使えてる。

 

十分満たされてた。

 

最悪の状況までは追い込まれていなかった。

 

なんだかんだで
何かしらの逃げ道があった。

 

やらなくていい、
がんばらなくてもいい
状況がそこにはあった。

 

私自身としては甘えはあったと思う。

 

 

ただ、
甘えって何が悪いの?
って思う。

 

自分にとって辛い現状があって
それが苦しいし辛い。

 

それをどうして
必死になって我慢して耐えなきゃいけないの?

 

「みんなそうやってる」
とか
「みんないやなことでも我慢してがんばってる」
とか
根拠のない意見は要らない。

 

自分にとっての
苦しい現状や
辛い現状に対する
率直な反応なのだから
それが悪いも何もない。

 

嫌なことを苦しんでもやらなきゃいけないって
それって本当?

 

それ誰が決めたの?

 

自分が今つらいんだってこと
今苦しいんだってこと

 

それをダメ出ししないで
ちゃんと認識することが大事。

 

自分の気持ちに対して
否定しないで
そのままを見ること。

 

自分の気持ちって意外と
自分でちゃんとわかってないんだなってことがわかる。

 

自分の辛い気持ちを
知らず知らずのうちにダメだしてしまう。
そうすると苦しみは増す。
自分を否定してるから。

 

人は誰かに否定されるのはつらい。
それを知らないうちに自分でやってるから
知らないうちにつらくなってる。

 

「うつは甘えだ!」
って言われたら
「甘えたいから甘えた」
でいいと思う。

 

私は、辛いこと嫌なことを
ただただ我慢して耐えることに
良いことなんて何もないと思う。

 

大事なのは
辛いこと、嫌なことを
何かしらの形で
辛くないもの、楽しいもの
に変えていく知識と思考だから。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました