ネガティブな感情に苦しめられてつらい時

こんにちは、真衣です。

苦しい気持ち

悔しい気持ち

怒りの気持ち

何のために人間はこんな

ネガティブな感情を抱くように作られたんでしょうか。

少なくともひとつ言えることは

それが人間にとって必要であるからです。

人間の体って進化とともに

必要なければ衰退していって

必要な機能だけが最低限残っていく仕組みです。

なのでネガティブな感情は必要だから存在する。

それは絶対です。

ネガティブな感情に苦しめられていると

「こんな感情消えて!」

って、つい思ってしまいます。

ネガティブな感情は自分自身が苦しいです。

そして周囲も嫌な気持ちにさせます。

でも

これは自分にとって必要な機能が働いているってこと。

ネガティブな感情は自分を守るために発動してくれてるんだってこと。

このいやな気持ちは

今の現状からより良い方向へ向かわせてくれる

ひとつの指針です。

今の現状から抜け出せという

体の反応。

ネガティブな感情って大事なものなんです。

ネガティブな感情を無くすことは不可能でしょう。

でも、ネガティブな感情は本来

消し去るためにあるのではなく、それをどう活かすかがカギ。

悔しい気持ちや怒りの気持ちや不安や苦しさ

私は昔はこんな感情ばかりに押しつぶされる自分がいやでいやでたまりませんでした。

ネガティブな自分を自己否定することしかできませんでした。

ネガティブな感情をどうしていいかわからなくて

何もできず今までどうしようもできずに生きてきました。

でも、ネガティブな感情は大事なものなんだ

必要なものだんだってことがわかってからは

その気持ちをしっかり自分で分析して考えるようにしています。

自分の気持ちをしっかりと分析してみると

今までわからなかった自分が見えてきたります。

そして自分がこれから何をするべきなのかを

考えるための大事なきっかけになってくれていることがわかります。

感情をじっくり観察することが

おもしろいなって最近思えるようになりました。


・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?





投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする