うつ病が治った人の話を聞くと余計に辛くなる

こんにちは、真衣です。

うつ病が治った人の話を聞くと余計に辛くなる

ってことないですか?

私はありました。

うつ病真っ只中で迷走してた時

辛くて苦しくて早く治したくてたまらなくて

とにかくネットで治った人のブログとか質問サイトとか

いろいろ検索して読んでました。

でも、どんな体験談を読んでも

「自分には無理」と思ってしまってました。

”私はこういう主治医やカウンセラーに出会って治せました”

という話がありました。

私はそういう体験談を読んだ時に思ったことはこうです。

じゃあ、私はそういう人に出会えないと治らないってことか…

今出会えていないのは運が悪いからなのかな

どうやってそういう人にたどり着くんだろう。

でも、私はどんなに探しても無駄だろうな。

だって、私は何やってもうまくいかない人間。

40年近く生きてきてこんなダメダメ状態なんだから

これから突然人生が良くなるなんて思えない。

私にはそんな人と出会える機会に恵まれることなんてない。

私には無理だ。

という感じ。

また、別の体験談で

”運動して治りました”というのがありました。

私が思ったことはこうです。

運動したら確かに気持ちがいいし治るのかもしれない。

でも運動は大変。

過去に運動しようとしたことはあるけど

大変で続いたことがない。

続けれない忍耐力のない私には運動なんてできない。

すぐやめちゃったら余計自己否定に陥りそう。

きっと自分にはがんばれない。

運動は私には無理。

という感じです。

どんな体験談を読んでも

絶対に”自分にはできない”

と思い込んでしまうんですよね。

そして、自分にはできない

と思うこと自体にさらに自己否定感を強めてしまうんです。

この人はこんなふうにがんばれたなのに

私はやろうともできないのか…

てことは

私はそうとうなクズなんだ。

やろうともできなかったら

何もできない

私ってほんとダメだ…

それと、がんばって治した人と

自分を対比して

自分のダメさ加減をまざまざと見せつけられているような気分になって

それがしんどくなるっていうのもあります。

自分より上の人や

頑張ってる人

なにかを達成した人

を目の前にすると

自分がどれほど下にいるのかを実感してしまうんですよね。

その実感してしまう瞬間が辛いのです。

自分のダメさ加減がわかるから辛いんです。

治った体験談を読むことで

本当は治る希望がほしいんです。

なのに希望どころか逆にどん底に陥るという悪循環。

あれは辛かったな。

私は体験談を読んで余計落ち込む自分が嫌でした。

私なにやってもダメじゃん…

とさらに自己否定ひどくしてましたから。

でも、今思うと

あの時の落ち込みや自己否定は間違いではなかったと言えます。

自分ダメだ

こんなんじゃダメだ

って気持ちが起こることは

自分はできるはずだという思いが根底にあるから起こる言葉です。

「自分はできるはずなのに

できない気がする」

あれ?そんなはずじゃないのに

なんで?どうして?

そんなはずじゃないのに!

って心の中で葛藤が生まれている状態です。

葛藤が生まれるってことは

本当はこうありたい自分を持ってるってことです。

治った体験談を読んで辛くなるのは悪いことじゃないです。

希望がないことでもないです。

治った人を見ると

「自分には無理」と思うのは仕方がないんです。

だって、今まで上手く行ったことがない人生なんだから。

がんばってもがんばっても失敗しかしてこなかったんだから。

人は過去の失敗が怖いし

見たことのない未来も怖いんです。

そして

成功した人と自分があまりにもかけ離れているように見えてしまう。

だからあきらめてしまう。

かけ離れていると思うのは

今の自分が相当どん底にいるってことですよね。

自信もないし、がんばろうと思える気力もない。

でも「自分には無理だ」って思う葛藤には

本当は治りたいって思いがあるから起こる感情です。

葛藤という感情から

私は「治りたい」って気持ちを

より強く認識することができたんです。

感情は自分にとっての信号です。

”葛藤”や”辛さ”などの苦しみの感情は

何かを自分に訴えてくれてるもの。

私はあの時感じた葛藤があって

それが募っていったからこそ

その数カ月後には断薬の決断をして治す方向へ持っていくことができたんです。

あの時の「自分には無理」だという思いは

まだ感情の蓄積の途中だったんです。

辛い感情や自己否定の感情はあってはいけないものじゃなくて

必要なものだってことを学んだなって

今なら思えます。





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする