うつ病は尋常じゃないくらいつらくて苦しいのに誰も助けてくれない現実

こんにちは、真衣です。

「他人に期待しない!」
って決めたら、すっごーく楽になりますよ。

うつ病になると身体が思うように動かなって

仕事や生活がままならなくなりますよね。

私は最初の頃は身体を引きずるようにして必死の思いで会社に行っていました。

朝布団から出るってだけで
今日一日分の半分ぐらいの体力を使ったんじゃないかってぐらい、精一杯のパワーが要りました。

そこから朝の準備です。

とくにしんどいのが化粧でした。

手先に力が入らなくてアイラインとかが上手く引けなかったです。

めちゃくちゃ集中して頑張って頑張ってやっと化粧ができるという感じでしたね。

そしてそこから通勤です。

都心なので朝混んでない電車はありません。

ぎゅうぎゅうの電車は地獄でした。

普通の生活でも満員電車はストレスがかかりますが

うつ病の時はさらに100倍ぐらいのストレスに感じました。

そして仕事なのですが

正直、ほとんどまともに仕事できなかったです。

しんどくてじっと椅子に座っていられなくて

ずっとそわそわして何度もトイレに行ったりしてました。

家に帰ってもまともに料理ができません。

買ってきたものを食べてばかりでした。

買い物もしんどかったです。

普通にスーパーでの買い物でものを選ぶ思考が働かないんです。

会社をよく休むようになってからは

毎回会社を休んだことに対して自己嫌悪に陥ってました。

でもどんなに落ち込んだところで会社に行けるようになるわけではありません。

社会人として、人間としてまともに機能しなくなった自分が情けなくてわんわん泣きました。

「どうして私はこんな病気になったんだろう」

「つらい…」

「治らない…」

「誰か助けてよ…」

まともに生活ができなくて

このままじゃ死んでしまうと思いました。

働けなくて生きて行けなくなる…

でも、誰も手を差し伸べてくれない現実がそこにはありました。

私はこんなにひどい状態なのに、

こんなつらい目にあってるのに。

どうしてだれも助けてくれないの?

医者に行っても薬を処方されるだけで治してくれるわけじゃないです。

こんなにつらい!苦しい!困ってる!

って言っても、

国や社会からしたらうつ病患者なんて

「へえー」

「あっそう」

「ふ〜ん」

程度でしかないんですよね。

友達や家族はさすがに

「あっそう、ふ〜ん」

ではないけど

言えるのはせいぜい「大変だね」ぐらいです。

うつ病から救い出してはくれる人はいないんです。

世の中ってほんと甘くないです。

優しくないです。

最初はなかなかその現実を理解できなかったですが、

時間が経てば経つほど

「本当に誰も助けてくれないんだ」

ってことを実感せざるえませんでした。

世の中うつ病にそんな親切にしてくれません。

「へえー」

「あっそう」

「ふ〜ん」

です。

私はある日、

自分のために何か手助けをしてくれる人なんていないんだってことを思いっきり実感して現実を受け止めました。

そしたら

その瞬間から心がふっと軽くなったんです。

他人から見たら自分なんて

「へえー」

「あっそう」

「ふ〜ん」

なんだってことがわかったら

なんかすべてのことがどうでも良くなったというか。

自分なんてどうにでもなっても他人は知ったこっちゃないんだって思ったら、もうどうにでもなれ!ってやけくそみたいな気持ちが湧いてきたんです。

他人に助けてもらおうと思ってるより

どうなったっていいから自分でなんかすりゃーいいんだー!

って変な勢いが出てきたんですよね。

もしかしたら私はずっと

「自分は助けられて当然なんだ」

っていう思い込みに縛られていたのかもしれません。

誰かが助けてくれて当然だと思ってたら

自分で行動なんてできないですよね。

自分で心にストッパーをかけているみたなものだから。

でも

「自分のことなんて誰もなんとも思ってないよ」

「あんたがどうなったって誰も知らんよ」

って思えたら

自分がやるしかないんだって素直に思えたんですよね。

そこから自分の考えで自分のちからで

ちょっとずつ行動をし始めることができました。

結局私は自分でどうにかしようという勇気や考えが持ててなかったんです。

誰かがなんとかしてくれるって他人任せな考えしか持ってなかった。

そこを「誰も助けてくれない」ってはっきりと理解できたら

ちゃんと自分のちからで行動することができました。

これって

ほんの少しの小さな認識が変わったってだけなんですけど

たったこれだけのことで人生が変わってしまうのだから。

認識を変えるという力はすごいものです。


・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?





投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする