「うつ病からの再就職が不安…」そんな人のために精神障害者専用就労支援所があります

こんにちは、真衣です。

先日ネットで知ったんですが、

うつ病、不安障害、適応障害などの精神障害者専用の就労支援所
ができたそうですね。

→こちら

2018年4月にオープンしたばかりで

場所は東京都の大塚です。

秋には横浜にもできるそうです。

内容を見ると主に精神障害者に向けた内容です。

一般的な就労トレーニングも行いますが、
精神障害の改善に向けた
瞑想や運動などさまざまな療法が受けられるようです。

しかも利用は無料です。

厳密に言うと前年度の所得が300万円以下の人は無料で受けられる

ということです。

前年度所得が300万円以上の人は料金がかかります。

利用資格は障害者手帳を持っているか

医師の診断書が必要とのこと。

これ見つけた時

「うわー、これ

 4年前にあったら絶対行ってた!!」

って思いました。

だって

脳の健康に特化したカリキュラムが組まれていて

それが無料で受けれるんだったら

利用しない理由はないです。

私はうつ病の状態で

不安と焦りの中で必死に仕事探ししました。

うつ病からの再就職は現実的にも厳しい世界ですし、

精神的にもかなりきついものです。

きついですしつらいですが、

働かなければまともな生活はできませんから、

どんなに苦しくてもやらなきゃいけないんです。

私は再就職活動をしたのは37歳です。

プライドを捨てて半分半べそ投げやりになりながら

必死の思いで活動しました。

運良く仕事は見つかって働けるようにはなれましたが、

もしこういう就労支援を受けていたら

今とは違った仕事に就けていたかもしれません。

私がうつ病だった頃にこれがあったら

絶対やってました。

今でも受けれるなら受けてみたいです。

マインドフルネス(瞑想)や脳トレーニング、

運動、脳の健康に関するレクチャーなどが

無料で受けられるんですよ。

すごいですよね。

精神障害者に対するサービスが充実していって

ありがたいことです。

それらの脳の健康に関するカリキュラムだけでなく

就労に関するカリキュラムもあるのだから

ものすごい充実した内容ですよね。

利用できる人が羨ましいです。

うつ病の頃の私だったら速攻で申し込んでます。

仕事することを想像すると息苦しくなって吐きそうになってたうつ病時代

うつ病で退職してからの再就職って想像以上に大変なことです。

特に精神的な重圧がすごくて、押しつぶされそうになります。

私はそうでした。

一時期は

「これから仕事をしないと生きていけないんだよな…」

と、仕事をする自分を想像しただけで

胸が潰されるような感覚に襲われ、吐きそうになるくらいでした。

働くってことが怖くて怖くて震える思いだったんです。

働くってよく考えたら大変なことです。

今まで14年間自分がやってたことが信じられないです。

週に5日間

同じ場所で8時間以上の拘束時間を繰り返すこと。

同じ仕事を毎日こなすこと。

多くの人と関わらなければならない空間。

いい人ばかりではなく、いろんな人がいる職場で

うまくやっていかなければならないというプレッシャー。

自分がやりたいことばかりをやるわけではなく

ほとんどやりたくないことをやるわけです。

体調が悪くてもちょっとしたことでは休むことも許されません。

身体が多少しんどくてもやり続けなければならない。

それを毎日。

しかも、私だとこれからそれを20年以上続けなければならない。

考えただけで身体が震えます。

気が狂ってしまいそうです。

さらに、またいつ病気になって働けなくなるかもしれないという

不安も抱えています。

「私にこれから生きていく力なんてないんじゃないの?」

って本気で思ってました。

というか、絶対無理だとしか思えませんでした。

怖かったです。

何もかもが。

身体がまともに動かないうつ状態の時は

”普通”に身体を動かして生きてるだけの人を

尊敬するようになってしまうのです。

自分になにかできそうだとか

そんな可能性はこれっぽちも見いだせなかった。

そういう時期が1年ぐらいあったので

とてもじゃないけど「働こう」とする気持ちは湧いてきませんでした。

そんな働くことへの恐怖や不安がある

うつ病の人をサポートしてくれるのがこの就労支援所なんですよね。

内容を読んでみると

働くことが不安で怖くてたまらなかった私みたいな人のためのサポートが充実してるみたいです。

うつ病などの精神障害者はコミュニケーションが苦手ですよね。

私は苦手です。人間関係が大体うまくいきません。

そういうコミュニケーションや人間関係に関するトレーニングなども取り入れているとのこと。

一般的な就労支援とは違って、本当に精神障害者向けに

作られたカリキュラムのようです。

これだったら安心して施設を利用できるでしょうね。

今はうつ病をはじめ精神障害者がどんどん増えてますから

こういう施設ができるなど取り組みは広がってるんですね。

無料で受けられるこんな良いサービスは受けない理由がないですね。

→うつ病や発達障害など障害がある方の就職と定着を支援する施設【ニューロワークス】





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする