悩んでる時は何も考えていない

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

悩んでる時は何も考えていない

 

 

考えれば答えを出せる。

 

そして解決できる。

 

 

人はそれをしらない。

私もわからなかった。

 

 

「どうして私うまくいかないんだろう」とか

「なんでいやなめにばっかりあうんだ!」とか

頭の中で思ってる状態を

”考えてる”んだと思ってた。

 

実はそれ考えてない。

思ってるだけ。

 

怒り、悲しみ、苦しみで頭がいっぱいの時は

考えていない。

 

考えてる時に感情はいらない。

 

感情は気づき。

 

悩んでる時は感情的になってるだけ。

 

感情を取り払って冷静になることで

はじめて考えるという作業ができる。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました