うつ病は人生の大失敗。絶望。後悔。

この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

私は36歳でうつ病になって仕事ができなくなった時

自分を敗北者だと思っていました。

 

人生に失敗した人間だと。

 

もうこれからろくな人生を歩めない道に進んでしまった。

 

失敗を犯した私にはもう”普通”がなくなった。

 

普通の人生、

普通の幸せは

自分から消え失せてしまったと思いました。

 

失敗した。

しくじった。

道を踏み外した。

もう戻れない。

 

そんなことが頭を巡って

絶望に陥っていました。

 

36歳で仕事がなくなって

それからまともな人生に転換するなんて

自分にはできっこないと思いました。

 

そんな自信ありません。

幼少の頃からも失敗ばかりで

何かを達成したり成功したりしたことが一度もないのです。

 

生まれてきてからずっと

いいことなんて何もありません。

あってもすぐに別の嫌なことが訪れます。

いつもそのパターンです。

 

嬉しいことやいいことがあって

いい気分に浸っていると

しっぺ返しのようなものを食らうのです。

 

まるで

「調子に乗るな!

お前に幸福なんてあると思うなよ!」

って言われてるような気分でした。

 

だから「私は幸せになってはいけない運命の人間なのかな」って本気で思ってました。

 

 

そんな人生を送ってきた私にとって

36歳でのうつ病は過去最悪最低のどん底でした。

まさに奈落の底です。

人生の大大大大大失敗です。

 

この大失敗人生から今、

どうやって乗り越えて生きているのかというと

私は失敗という認知を変えることができたからです。

 

失敗ってなんだ?

敗北者ってなんだ?

 

失敗かどうか敗北者かどうかは

自分自身が決めればいい。

 

人生が失敗したかどうかを今の段階で決めることじゃないってこと。

 

失敗の定義を自分の中で変えてしまうんです。

 

私は失敗の人生だったなんてまだ思ってないです。

失敗かどうかは死ぬ時にならなきゃわからない。

 

失敗したと決めつけたところで何になるだろうか?

そんなの勝手な思い込みなだけです。

 

思い込みなんていらないです。

 

失敗したと決めつけて

勝手に絶望に落ちてた私。

 

あの時は世の中が見えてなかった。

自分の生きてきた経験値がすべてだと思ってた。

 

私は自分が無知だということもわからないぐらい無知でした。

 

無知とは世間をしらないこと。

視野が狭いことです。

 

視野の狭い世界で物事を考えていたら

そりゃうつになって当然です。

 

視野が狭いから解決策の知識や思考がわからないんです。

 

うつ病は視野の狭さと知識不足とも言えるんじゃないかと思います。

 

自殺する人とかは

思いつめて思いつめて自殺しますけど

その時ってものすごく視野が狭まっているはずです。

広い視野で物事を考えられたら

自殺という選択肢しかないなんて思わないはずですから。

 

視野を広げて生きる世界を広げよう。

心を広くしよう。

認知を変えよう。

そしたら見える世界が変わって

生きてる世界が変わっていく。

 

うつ病になったからって失敗じゃない。

いつからだって人生を書き換えることはできる。

私は本気でそう思ってるから

今前向きに生きていられます。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました