脳科学でうつ病は治る?うつ病の人に脳科学の本を勧める理由とは

うつ病
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

私は脳科学や心理学の本が好きです。

心理学や脳科学などを学ぶことによって

自分のネガティブな感情が起こる仕組みがわかるようになりました。

 

自分のネガティブな感情は

脳の構造の中のこういう部分で起こるんだ

とか、

どうしてこういうネガティブな感情が起こるのか

など、

感情の仕組みがわかると

自分の感情が手に取るようにわかるようになります。

 

感情の仕組みがわかるというだけで

今まで手に負えなかった

湧き上がる嫌な感情から

逃れれるようになりました。

 

なので脳科学の本は本当に

うつ病の人におすすめしたいんですよね。

 

脳科学者・中野信子さんの本がオススメな理由

私がおすすめしたいのは

以下の中野信子さんの本です。

 

 

 

中野さん自身もずっと

ネガティブな感情に苦しめられてきたとおっしゃっています。

 

中野信子さんというと

美人で東大出身の脳科学者ということで

一見何の不自由も苦悩もなく生きてこられたように

私は勝手に想像していました。

 

しかし、実際は頭が良すぎるために

人と会話が噛み合わなかったりして

周囲から避けられていたと言います。

御本人自身とても生きづらさを感じていたそうです。

 

そういった自分自身のネガティブな感情を解明したいという所から

脳科学者を目指したということだそうです。

 

なので、中野さんの本は

ネガティブな感情をテーマにしたものが多いです。

 

ネガティブな感情を理解するのっておもしろいですよ。

 

私も子供の頃から超ネガティブ人間なので

自分自身をどんどん解き明かされていくようで

ワクワクします。

 

自分の感情がどこからやってくるのかや

どうしてその感情が起こるのかが

だんだんわかってくるんです。

 

そしたらモヤモヤしてた感情が

気がついたらスッキリしてるんです。

 

これは中野さんの本の中でも言われている

『メタ認知』というものを使えるようになるからなんですが。

 

メタ認知というのは「認知を認知する」という意味なんですが、

ようは、第三者目線で自分を見るようにするということかなと

私は思います。

 

例えば

めちゃくちゃ悲しんでる友達がいて

悲しんでる理由を聞いたら

「え?そんなことで?」

みたいなことってありませんか?

 

当事者にとったら大ごとでも

他人の第三者の目線から見たら

「別に大したことじゃなくない?」

と思われてしまうことってよくありますよね。

 

結局それって本人の感情が高ぶりすぎて

冷静な判断をできていない状態なんですよね。

 

第三者は当事者ではないので

大きな感情がない状態で物事を見れているから冷静なのです。

 

うつ病の時なんかも

「私はつらいの!」

「こんなに苦しいの!」

と、悲しい感情で頭がいっぱいになってしまっています。

しかし、周囲からは案外冷たい目で見られてしまう。

 

これってつらい感情ばかりが高ぶりすぎて

冷静に何をどうしたいいのかなどの判断ができていないのです。

 

 

そうやって

「つらい!」「悲しい!」「苦しい!」

って感情に押しつぶされそうになっている時に

メタ認知を使って第三者目線で自分を見てみると

「あれ?そんな深く悩むことじゃないかも?」

って冷静になれるんです。

 

メタ認知を使えるようになるには

まずは脳の構造を知って

ネガティブな感情の正体を知ることです。

 

そして、ネガティブな感情の仕組みがわかったら

自分が楽になれるだけでなく

他人にも優しくなれます。

他人の感情も理解してあげられるようになるので。

 

脳科学を知っているか知らないかで人生は大きく変わる!

脳は生き物が生きてきた経過の中で

進化と退化を繰り返している臓器です。

 

なので、基本的に私達に備わっている脳の機能は

必要なものしかないと考えるのが基本です。

 

必要なものしかない脳なのに

私達人間はどうしてこんなにも

ネガティブな感情に苦しめられるんでしょうね。

 

それは本来の脳の使い方を

ほとんどの人がしていなからだということが

本を読むとわかります。

 

やはり知識って大事だなって

知識を知れば知るほど実感します。

 

脳の使い方を知って

ネガティブな感情から開放されれば

うつ病が治ることは可能だと私は本気で思います。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました