災害から考える思考と行動

こんにちは、真衣です。

ここのところ災害続きですね。

精神障害の方にとっては

ニュースを見るだけで

症状が重くなってしまう自体に陥っているかもしれません。

人にはミラーニューロンという脳内細胞の働きによって

他人が痛がっている姿や苦しんでいる姿を見たり想像することで

自分もその人と同じように

体に痛みを感じたり苦しくなったりする性質を持っています。

このミラーニューロンの働きによって

他人の痛みがわかるので

他人の気持ちがわかったり

他人の立場に立って物事を考えたりするという

高度な行動ができるのです。

しかし、このミラーニューロンの働きによって

必要以上に他人の痛み苦しみを

自分に感じ取りすぎて自分がバテてしまうなんてこともあります。

私は子供のころ

戦争の映画や話しを聞くのが苦手でした。

今も苦手ですけど。

話しを聞いただけで

自分が実際に戦争を体験しているような気持ちになって

体がこわばり緊張とストレスを強く感じて、

怖くて怖くて2日ぐらい夜眠れなくなります。

もろにミラーニューロンが働いて

相当ダメージを受けてしまっていました。

災害が起こると

もうすぐ自分の地域にも災害が起こるんじゃないかと心配になりますよね。

できれば起こらないでほしい

とは思いますが、

私はもう”災害は起こるもの”と考えています。

だって「災害が起こらないでほしい」という気持ちがあっても止められないのが現実ですから。

やはりここは冷静に物事を捉えないと。

私は災害の時に役立つのは

ミニマリストの生き方や考え方だと思っているんです。

・物を持たない。

・物に執着しない。

ということができればできるほど

災害に遭った時のダメージは少なくなるからです。

それと先日アメトーークで

キャンプ芸人というのをやっていて

火を起こしたりする技術とかキャンプの技術があると

災害時に役立つことが多そうだなと思いました。

また

考え方や捉え方が変わることによっても

災害に対する向き合い方も変えられると思うのです。

今、日本で災害が起こって大変なことになるのは

あくまで日本という国民の生き方だからに他なりません。

地震や台風で家が倒壊してしまって

大きなショックを受けている方が多くいらっしゃいましたよね。

また水道や電気などのライフラインが止まったりして

被災地の方は大変な苦労があると思います。

でも、家の倒壊は

持ち家を持った人だけの被害です。

賃貸だとまた引っ越せばいいので大した被害ではなくなります。

またさらに別の価値観で考えるなら

もしモンゴルの遊牧民が暮らす場所で大地震が起こったら

どうなるだろう?と考えます。

遊牧民は常に移住して生活しているので

地震が起きてその場所に何か問題が起こっても

すぐに移動してしまえばいいだけだから

彼らにとったら地震や災害は大したことがないんだろうなと思います。

何が言いたいかと言うと

私達は、モンゴルのような遊牧民と違って

一箇所に住み着く生活を

自分で選択して行っているということ。

自分で選択した生活様式に対して

災害が起こって「災害め!」と

災害を悪者にするのは筋違いだよね、と

私は思うのです。

災害が起こっても困らない

生活様式を選択することも可能なのに

それをやっていないのは自分。

なのに

「災害はいやだ」

「災害は迷惑」

と災害を悪者扱いしている人が多く

そういう人を見ると残念に思います。

災害に対して自分ができることを

もっと真剣に考えたら

やれることっていっぱいあるだろうなって思います。

私は、まずは持ち物を減らすことだったり

執着するような重要なものをできるだけ持たないようにしたりすることが大事だと思ってます。

同じ被害を受けても物が多かったり貴重品が多いと

それだけ被害が大きく感じられるわけですから。

災害はある時突然起きます。

自分ではコントロールのできないものです。

地震や台風を起こらないようにする力は

人間にはないですよね。

それは無理だってわかっているなら

起こった時に何ができるかを

考えるしか私達にはできないのです。

「台風来ないでほしい」

「地震来ないでほしい」

と言いたい人の気持ちはわかるけど

言っているだけでは何も前には進んでいないのです。

だったらそこから何ができるかを

私は考えて行動したいです。





・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】

・人間関係がうまくいかず、いつも不安で生きづらいのはなぜ?その原因と解決法とは?

投稿者プロフィール

真衣
真衣
4年かけてうつ病を克服。
投薬期間1年2ヶ月。
断薬期間3週間。

断薬してから鬱症状を克服するまで約3年。

一番苦労したのは自己否定から来る
ネガティブな感情の対処でした。

詳しいプロフィールはこちら↓
自己紹介〜言語障害に苦しんだ幼少期から現在に至るまで〜
はじめまして。 真衣です。 2018年現在41歳です。 私は35歳でうつ病を発症して 仕事を失って、未来を失いました。...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする