ポジティブにならなくていい!

心理・気持ち
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

いつも暗い気持ちでいる自分が嫌で

ポジティブになろうとがんばろうとしている方をよく見かけます。

 

私もそうでした。

ポジティブになろうと必死に努力してたことが何度もあります。

 

でも100%挫折しました。

「ポジティブに考えよう!」と意識していても

数日も経つとしんどくなって

「もう無理…」

と突然心が折れてしまうのです。

 

そして

「やっぱり自分のがんばりが足りないんだ

私って何やってもダメなんだ」

と自己否定をさらに強めてしまいました。

 

ネガティブな人がポジティブになろうとするのは良くない

というか逆効果なんです。

 

ポジティブにならなくていいんです。

ネガティブなままの自分でいいんですよ本当は。

 

ネガティブな自分を否定するのが一番良くない。

 

ネガティブな自分を

「そのままでいいんだよ」

と否定せずに受け入れてみてください。

 

ただそれだけで心が安らぐから。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました