あなたは絶対に悪くない。

心理・気持ち
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

今回は
どんな自分であっても
それは自分のせいじゃないから
自分を責めなくていいんだよ
って話をしたいとおもいます。

 

今の自分は
親や友達や周囲の環境によって
形成されたものです。

 

周囲から与えられたものによって
出来上がっていると言って過言ではありません。

 

同じ情報を得た時に
どう捉えるかで形成されるものは変わるかもしれないけど
どう捉えるかに良いも悪いもありません。

母親に与えられた結婚への価値観

私は結婚したいと思っていない人なんですが
その理由は母親の影響です。

 

私は母親は苦労や苦悩を美徳と考えている人のようです。

私が子供の頃から
母親は今までどれほど苦労したかとか
大変は思いをしたかを私に語っていました。

 

私の父親は普段は普通なのですが
酔っぱらうと理性を無くしてしまい
暴力を振るったり壁を破壊したりする人でした。

 

私は5歳ぐらいの時に
酔っ払った父親に絡んで
頭が割られるぐらいぶん殴られたことがあります。
あの時は本当に殺されると思いました。

 

それから私は父親が怖くて
距離をおくようになりました。

 

父は私が26歳の時に他界しましたが、
父親が怖かった私は父親に愛情を感じていなかったんだと思います。
亡くなった時に涙が出ませんでした。

 

そんな父親は母親にも
たびたび暴力を振るいました。

 

私が生まれる前には
暴力を受けて怖くて
家に入れなくなったことがあるとか
言っていました。

 

でも母は
「私はそれでも家に戻ったのよ」
「私は本当に耐えているのよ」
と誇らしげに言うのです。

 

私は意味がわかりませんでした。

 

そんなひどいことされて嫌なら
離婚すればいいのに。
と、私は思いました。

 

その時おそらく母としては
我慢している自分
苦労している自分って
素敵でしょ
という話をしていたんだと思います。

 

でも、私には
苦労することがすごいとか素敵とか
そういう価値観がまったく理解できなくて
この時の母の伝えたいことが全然わかりませんでした。

 

私は母としては自慢話というか武勇伝として
話したであろう話しですが
私は
「結婚したらこんな嫌なことがあるんだ
我慢ばっかりしなきゃいけないんだ。
結婚って嫌なものなんだ。
じゃあ、私は結婚なんてしたくない。
母親みたいに苦労とかしたくない。」
という意志を持つきっかけとなりました。

 

まさか母親は自分の話したことによって
私が結婚したくない気持ちを植え付けられたなんて思っていないでしょう。

 

最近でも「あんた結婚しないの?」とか言ってきます。
私からしたら
結婚したくない考えになったきっかけは母の話しなのに
何言ってるんだろう?と思うわけです。

 

何が言いたいかというと
どんな情報であっても
受け取る側によって違ってくるし
受け取り方がAだったりBだったり
いろいろあるけど
そこに良いも悪いもないということ。

 

私は時々人と話していて
「私結婚に興味ないんだ」
とか言うと
「かわいそう!」
「女の幸せがわからないんだ?」
とか言われたりしたことあります。

 

なんというか
悪者というか、
結婚したくない女は悪だというような
言い方をされました。

 

でも私は別に悪いことをして
そうなったわけでもないし
悪いことだと思ってそれを選択しているわけでもありません。

 

ただただ子供の頃に得た情報で
そういう考えになってしまったというだけです。

 

それを悪いとか良いとか言われることじゃないんですよね。

 

誰も悪くない

私達ってみんな
人それぞれの価値観や考えを持っていますよね。
生活の仕方が違ったり
行動の仕方が違ったり

 

それは今まで生きてきた環境と
受け取った自分との掛け合わせで
自然と形成されたものです。

 

そこに悪いも良いもないのです。

 

それが”私”なだけ。
ただそれだけなんです。

 

だから、今の自分になにか不満があったり
誰かに批判されたりされても
それはあなたが悪いわけじゃないんです。

 

あなたは何も悪くない。

 

だから「私が悪い」と言って
自分を責めなくていいんです。

 

「自分が悪い」と反省なんてしなくていい。

 

ただ、今の自分が嫌で
なりたい自分があるなら
それを目指せば良い。

 

以前別の記事で書きましたが、
人は自分を責めるとそれだけで満足してしまって
そこから何も改善しなくなるんです。

なので自分を責めてはいけないと言いたかったのですが、
どうしても自分を悪いと考えてしまう癖があると
ついやってしまうんですよね。

 

なので責めなくていいって理由を
ちゃんとお話しました。


・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】






コメント

タイトルとURLをコピーしました