どんなに辛くても苦しくても諦めなければ必ず変われる時が来る

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

うつ病の時

今、目の前にある現実すべてが怖かった

 

一秒先の世界が怖い

 

目の前にあるものすべてが怖い

 

暗闇の螺旋階段を転がり落ちるようだった

 

誰も救ってくれない

 

孤独で震えて泣くことしかできなかった

 

考えても考えても
何をどうしていいのか全然答えが出てこなかった

 

前に進む力がなかった

 

生きる気力はなかった

 

それでも死ぬのが怖かったから
どうにか生きるにはどうしたらいいのかを考え続けた

 

答えは簡単には見つからなかった

 

毎日何をしても前に進んでいない気がしてた

 

でも気がついたらうつが治った

 

うつ病でいることが
つらい、苦しい、って思ってるってことは
それを乗り越えようとしている証拠

 

行動すれば必ず結果はついてくる

 

私はその自信がついたし、
絶対にそうなると信じて生きてる

↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです


記事を読んでくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてもらえるとうれしいです。

<PR>
ダメな自分を変えたい!たった3時間で理想の自分になれる方法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました