強く願ってるだけではなにも変わらない

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

「うつ病のこの辛さから抜け出したい」
「この苦しみから開放されたい」

 

私は毎日毎日その思いを抱えて生きてました。
約4年間です。

 

辛すぎて苦しすぎて
発狂しそうになったことも
何度もあります。

 

でも、発狂しても苦しみは収まらないし、
寝ても休んでも収まらない。

 

何をしても苦しさから逃れられなくて
「もう楽になりたい!」
「死んでしまいたい!」
と何度も思いました。

 

治った今、
なぜ私は4年間も苦しみから逃れられなかったのかを
客観的に考えると理由がわかるのです。

 

私は、
「うつ病から開放されたい」
といつも強く思ってはいたけど
”思っていただけ”
な状態で止まっていたんです。
行動ができていなかった。

 

物事は”思っている”だけでは
変わらないのです。

 

例えば
ガンになった人が強く
「ガンを消し去りたい!」
と思っていたからといって
ガンは消えるわけではありません。

 

「オリンピックで金メダルを取りたい!」
と思っていただけでは金メダルは取れません。

 

「美人になりたい!」
と思っていたからといって
美人にはなれません。

 

思っているだけじゃ変わらない。
行動しないと。

↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです


記事を読んでくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてもらえるとうれしいです。

<PR>
ダメな自分を変えたい!たった3時間で理想の自分になれる方法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました