がんばることは悪!今すぐがんばる意識を無くそう!

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

がんばることをやめるべき理由:その2
です。

 

そもそも「がんばる」というのは
無理をしている状態のことです。

無理をしているということは
自分の本意とは違うことをしているということ。
つまりストレスを与えていることです。

 

「がんばろう」
「がんばらなきゃ」
と思っている時、
実は自分に無理を強いてるのです。

 

と言うと
「でも、がんばらないとできないことだってあるじゃないですか?」
と疑問に思うことがあるかと思います。

 

実際、がんばったことによってできるようになった
と過去に経験してきたことがあるでしょう。

 

でも、それって本当に「がんばったから」できたのでしょうか?
実際は「できるようになりたいことに対してやるべきことをやっただけ」なのではないでしょうか?

 

何が違うかというと、
目的意識です。

 

「がんばる」というのはあくまで目的に対する経過であり、
本人の気持ちであり、感情です。

つまりがんばるというのは経過を重視していること。

経過を重視してしまうと本来の目的を見失う可能性が高くなります。

 

前回お話した、
がんばって料理を作ったのに美味しいと言ってもらえなくて悲しかった
というのもまさに経過を重視したことによって本来の目的を見失ってる状態です。

 

本来の目的は、美味しい料理を食べてもらって喜んでもらうことです。
なのに、結果がそぐわなくて「がんばったのに…」という気持ちになるということは、
結果(よろこんでもらう)ではなく
経過(がんばり)しか見ていないということです。

 

私はよく、
「真衣さんはうつ病を治すためにがんばったんですね」
とか
「こんな文章を書けるようになるために努力したんですね」
とコメントをいただくことがあります。

でも、私はそう言われると一瞬「おや?」となるのです。

 

私の感覚では、がんばったからできるようになったというよりは
ただ単に自分がなりたいようになっただけ
と実感しているからです。

 

そう、私はただなりたい自分になろうとして
行動をしただけであって
がんばろうとしたわけではないのです。

 

つまり「なりたい自分になる」という
目的に向かっただけ。

 

もっと言うなら
ただ単に「自分のやりたいことをやっただけ」

 

本当ただそれだけなのです。

 

つまり、がんばろうと思って何かをする
のではなく、

「こうなりたい」
という目的があれば、がんばらなくても
自然と行動ができるのです。

 

「自分がやりたいことをやっている」
という感覚にストレスはありません。
むしろ自由と楽しみを感じています。

 

まったく同じことをやるにしても
「がんばらなきゃ!」
と必死になってやるか

ただ単に自分がやりたいことをやっている
という自由な意識でやるか

という違いです。

 

つまり、意識の持ち方。
そして本来の目的を明確にすることが大事だよ
ってことです。

 

ではでは、真衣でした。

 ♥いいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ ♥いいね!

記事を読んでくれてありがとうございます。
いいね!してくれるとうれしいです。

<PR>
・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました