飽き性は人生経験を豊かにし、楽しみが増える

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

突然ですが、私は飽き性です。

 

何をやっても長続きしなくて
すぐに飽きてしまいます。

 

お菓子作り
パン作り
マンガを描く
洋服を作る
ブログを書く
HPを作る
一眼レフカメラ
などなど

子供のころから趣味はいろいろやってきているのですが、
ある程度のレベルまで到達すると
一気に冷めてしまいます。

 

なんでこんなにすぐに飽きるんだろう?
と考えてみたのですが、

おそらく、成長が止まったときに
辞めてしまうんだろうと思います。

 

やはり、私はなにかに取り組んで
成長しているときが一番楽しいんです。

 

できないことができるようになる
という”成長”というものは
人間にとっての一番の幸福だという
研究があります。

 

何かを始めたばかりのときは
たくさん成長を実感できるけど

ある程度までのレベルに到達すると
成長することがあまりなくなって
単に同じ作業の繰り返しになってしまう。

 

すると一気に楽しさがなくなり
熱が冷めてしまうようです。

 

 

でも、私は飽き性が悪いとは全然思っていません。

私はあくまで成長を楽しんでいるだけであって
何かを極めるためでもないし

何か目標があるわけじゃないのです。

 

飽き性なおかげで
次はこれ!次はこれ!と
いろんなことに興味を持って
いろんなことができるようになりました。

 

飽き性のおかげで
経験と視野が広がるのです。

 

一生、飽き性を繰り返したら
いろんなことを経験できて
人生楽しいと思うのです。

 

これからも新しいことを見つけて
楽しんでできることが増えたらいいなって思います。

 

人生は楽しむことが一番ですから。

↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです


記事を読んでくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてもらえるとうれしいです。

<PR>
ダメな自分を変えたい!たった3時間で理想の自分になれる方法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました