コロナ不安に勝つために。今私にできること

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

どうも、こんにちは、真衣です。

 

今日はさらっと小言です。

 

最近、朝起きた時に軽くドキドキ
動悸がするようになりました。

原因はどう考えてもコロナです。

 

私は今、普通に働いていますが、
もしかしたら明日から仕事がなくなる可能性も
無きにしもあらずです。

 

いつどうなるかわからない
未来への不安ですね。

 

そしていつまでこの状況が続くのか?
というまったく先が見えない不安も。

 

ただ、朝起きてからしばらくすると
動悸はおさまります。

 

冷静に貯金額とか考えたら
そう焦ることじゃないだろうとわかるから。

それに、なんとかなるだろうという
根拠のない自信もなぜかあります(笑)

 

 

コロナについていろいろ調べているのですが、

アイルランドの調査では
感染者の中で無症状の人が半数だというデータが出ています。

 

ということは、感染しても症状がある人とない人とで
なにかしらの差があるということですよね。

 

感染した時の症状は人によるようですが、
ツイッターなどで詳細を公開している方では
相当苦しく、ひどい状態になっていて、

それを見て最初はビクビクしていました。

 

でも
医学系の情報などを調べるいると

やはり免疫力が高いか低いか
症状の出方が違うことが記されています。

 

だったら免疫力を高めるために
できることをやったらいいんじゃないの?って単純に考えました。

 

「感染したら怖い」とビクビクしているだけでは
神経質になってストレスが溜まるだけで
逆に免疫力を落として感染しやすくなります。

 

免疫力がないと万が一感染したときに
回復に時間がかかりますから

感染しないようにするためにも、
感染したときの回復のためにも、
免疫力を高めることを第一に考えて行動するのが大事だと私は思います。

 

免疫力を高めるには、まずは
ストレスを溜めないこと。

 

ストレスは大事なビタミンや栄養素を多く消費してしまうので
免疫に使うはずの栄養が奪われてしまいます。

ストレスや疲れを溜めないために
まずは睡眠をよくとることです。

 

そして栄養。

栄養はビタミンDがかなり有効だそうです。

 

ちなみになんですが、
ビタミンDは花粉症が治ります。

私は今年、ビタミンDのサプリを摂取していて
花粉症の症状がまったくありません。

ビタミンDの免疫力に助けられてます。

 

ビタミンDが直接コロナウイルスをやっつけるとか
そういうわけではありませんが、
体の免疫を上げる役目として有効ってことです。

 

それとビタミンCも風邪などの時と同様に
ウイルスなどへの免疫力を高める効果があります。

 

そしてタンパク質と炭水化物をセットで。

 

タンパク質は体を構成する成分なので必須栄養素です。

炭水化物は糖質と食物繊維のことですが、
こちらも必須栄養素。

タンパク質は糖質といっしょにとることで
より体に取り込まれやすくなります。

 

食物繊維は栄養素をしっかり吸収させるために重要。

 

今、自分にできることはとにかく
免疫力を高めること。

 

ただただ感染を怖がっていていては
不安しかなくどうしようもないですからね。

自分にできる行動をすれば
何もしないようりかは安心できますからね。

 ♥いいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ ♥いいね!

記事を読んでくれてありがとうございます。
皆さんの「いいね!」のおかげでブログランキングアップしてます!

<PR>
・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました