目指せ脱力系!タモリさんみたいなゆる~い生き方のススメ

思考改善
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

どうもこんにちは、真衣です。

突然ですが、
私はタモリさんみたいな人に憧れます。

タモリさんとか所さんとか、
ゆる~く脱力した感じの人。

 

ゆるく脱力してると言っても
ただぼーっとしてるわけでもなく、

かといって
意気込んだ感じがなく
とにかく自然体なんですよね。

 

他者との関わり方は、
ふわ~っとはしてるけど
他人に興味がなくてどうでもいい
という感じでもなく、

そこにいる人の
そのままを受け入れるような
そんな感じがします。

 

こういうふんわりとした空気感で、
クッションで受け止めるみたいに
人当たりが良くて、

いつものほほ~んと
軽~く世の中を渡っているような
そんな人が羨ましいと思うし憧れます。

 

というのも、
私自身はそういう人とは正反対で
いつもギスギス、ビクビク、おどおど。

人としゃべる時や
人と関わる時は
何をしても不自然。

いつも心が晴れやかな時がなくて
どんより思い空気感を抱いてる。

 

そんな私なので
世の中を軽くゆる~く渡り歩くような人が
めっちゃ羨ましいんです。

 

昔はこういう雰囲気の人に憧れて
ただただそういう人のマネというか
演技をしてみたこともありましたね(笑)

キャラ作りってとこですね。

 

とうぜん、

表面上だけそういう人のキャラを真似たところで
本質の心や気分は何も変わらず
まったく意味がなかったです(笑)

ゆるい脱力系の人の共通点

タモリさんや所さんの特徴を見てみると、
お二人とも博学で頭がいいということ。

そして没頭する濃い趣味を持っていること、
というのが特徴です。

タモリさんなら電車マニアで有名ですし、
所さんは車やギターなど多くの趣味をお持ちです。

お二人とも、とことん趣味に没頭するのが得意というか、
熱中するものにとことんのめり込むって感じですよね。

楽しむことに全力を注ぐ!という感じです。

なので、深い部分にはとことん熱中して
エネルギーを注いで、
それ以外のところは脱力
というように、

緩急のバランスがある状態なんじゃないかな
と勝手に推測します。

 

めちゃくちゃ自分の好きなことを
徹底的に楽しんでやり尽くすことで
勝手に自然体で脱力系になれちゃんうんじゃないかって思います。

ゆる~く生きることは力を抜くことじゃない

最近、

「ゆる~くいきましょう」
とか

「6割の力で生きよう」
とか、

ゆるゆる、のんびり、を推奨する人や本をよく見かけます。

「がんばりすぎないでいいんだよ」
「がんばりすぎると体を壊すよ」
という意味からだと思うのですが、

私は個人的にはその考えが
そもそも論点がズレてると思っていて、

逆にこの考え方や生き方は
良くないなと思っています。

 

ただただ、何をするにも
力を抜いているだけというのは
ダラダラ、グダグダと
適当にやってるだけです。

 

それって楽しいでしょうか?

心地よいことでしょうか?

心から満足できるでしょうか?

 

 

例えば、仕事で時々
忙しくない時があると
「暇疲れ」ってしませんか?

暇って実はすごく疲れるんですよね。
そしてストレスや疲労がたまります。

逆に仕事が忙しくて
やることがある方が疲れないのです。

 

休日に何もしないで家でゴロゴロするのと
外に出てちょっとでも散歩するのでは、

ゴロゴロしてる人の方が疲労がたまるというのも
有名な話です。

 

人は目的なくダラダラ、ゴロゴロしてると
疲れるんです。
そしてストレスが溜まるんです。

 

なので、ただただ
ゆるゆる力を抜く、という行為は
疲労とストレスをためるだけなのです。

 

本気でゆる~く脱力したいなら
なにかを全力で楽しむこと!

なにかにとことん熱中して没頭して
やりたいことをやり尽くすのです。

 

100%全力で楽しいことをやり尽くす!

私は今、この考え方を大事にしています。

 

ただただ力を抜こうという考えは
やりたくないことをやらされている時だけの
考え方です。

 

人生の充実感を上げるには
力を抜いて生きることではなく

全力で楽しむこと。

これなんです。
間違いなく!

ブログランキング・にほんブログ村へ  
★↑↑↑ブログランキングへの応援クリックいつもありがとうございます☆★☆★☆★

・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

・なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ。「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方【プチ認知療法】



コメント

タイトルとURLをコピーしました