自分を理解できるのも苦しみから救えるのも自分だけ

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

「生きることがつらい、苦しい」
と思いながら

「生きなきゃ…」
とむりやり力を振り絞って生きる様子は

車のブレーキとアクセルを
両方同時に踏み込んでいるのと同じようなもの

 

「仕事に行きたくない」
と思いながら
「行かなきゃ…」
と無理やり必死に行くもの同じこと

 

やりたくないことに対して
いやいや無理やりやろうとすると
そのうちエンストを起こす

それがうつ病だったりする。

 

自分の潜在意識の奥底にある
本心に蓋をして
義務感で行動し続けてる人はたくさんいるよね。

 

「みんな我慢して耐えてるんだ」
って戦時中みたいなことを
今でも普通に言う人がいる世の中だ。

 

こんな世の中で
誰もが自分の気持ちをわかる味方であるはずがない。

 

自分の身は自分で守らないと
実は味方だと思って慕ってた人が
実はストレスの大きな元凶だった
なんてこともありうる。

 

自分は自分で守る

自分をわかって助けてくれるのは自分だけ

 

誰もなにもしてくれない
という前に
自分が自分にしてあげられることをしよう

 ♥いいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ ♥いいね!

記事を読んでくれてありがとうございます。
いいね!してくれるとうれしいです。

<PR>
・頑張らない!努力は一切いらない!驚くほど簡単に自己肯定感を上げる方法!

コメント

タイトルとURLをコピーしました