「うつ病は脳の病気なんだ!」について思うこと

うつ病
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

こんにちは、真衣です。

 

私は
「うつ病は脳の病気だ!」
と、病気だからを主張する発言が気になります。

 

「病気なんだから責められるのはおかしい」
とか
「病気なのに怠けてると言うな」
などという主張がよく見受けられます。

 

責められるとか怠けだと言われることに関してはおかしいと思いますが、
「病気なんだから」
という理由には私は疑問を感じます。

そもそも病気とは?

そもそも病気ってなんなのでしょうか?

 

調べてみると
何に対して病名がつけられるかや
どういうものを病気とするかは
世界保健機関やアメリカ医学界などによって作られた
判断基準によって決められています。

 

そして、その判断は日々変化しています。

 

例えば禁煙や薄毛を医療として扱ったりとか
昔では考えられないことですが
今ではそれが基準として定められています。

 

精神医学も以前はただの「気分の問題」だけであったものが
最近になって病名がつけられたりとか
細分化した病名に変化したりなど
判断基準は常に変化し続けているものです。

 

ですので、逆に
今「うつ病は病気なんだ!」と言っていても
もしかしらた病気ではないと判断される時が
来るかもしれないということもあり得るのです。

とはいっても基本的に病気は増える傾向にあるので
現実にはないと思いますがね…

 

その理由は、医療は世の中でもトップクラスの
お金が儲かるマーケットだから。

 

病気とはいえないようなものでも
「病気だ」ということにしてしまうことによって
医療や薬剤メーカーが儲かるので
最近あらたな病気や病名がどんどん増えていると言われていますし
精神病関連はとくにその影響が強いとされています。

 

 

話はそれましたが、、、

で、「病気なんだから」という理由をつけることに
疑問を持つ理由なんですが、

いわゆる「こころの病気」とされているものの
病気としての判断基準は、
症状や状態に対して判断が行われているものです。

 

実際に脳がこうなってということも研究はされていますが、
実際の診察は脳の中を診察せず、ただ症状を語れば
それだけで病気という診断がされます。

 

そして
現在の判断基準の大きな特徴ですが、
「生活上の支障がどの程度のものか?」
という指標があります。

 

つまり、病気というのは

病気だから生活に支障があるのではなく
生活に支障のある症状があるものに病気という
判断をしているのです。

 

「病気だから」生活に支障があるのではないんです。

生活に支障のある症状があるから「病気」なんです。

 

・病気だから起きれない
・病気だから頭が回らない
・病気だから体が重い

 

じゃないんですよ。

 

・起きれないから病気(という判断)
・頭が回らないから病気(という判断)
・体が重いから病気(という判断)

をされているだけなのです。

 

だから「うつ病は病気なんだから!」という文言は
根本的に間違っていて、ありえないのですよ。

「病気なんだから」がもたらす大きな弊害

こういう考えだと一番困るのは本人です。

 

病気というものの本質を理解していないせいで
病気を治すことができなくなりますから。

 

病気とは何なのか?
なぜその症状が起きるのか?
起きないようにするにはどうしたらいいのか?

 

私はもともとそのような思考を持っていたので
自分でうつ病を解決することができました。

 

もちろん、その考えがあったからと言って
簡単に答えが見つかって簡単に治ったわけではありません。

 

調べて実践して、失敗して、を繰り返しました。

 

でも「なぜ?」「どうして?」を
ひたすら自分で考え、求めたおかげで
解決することができましたし、

 

そこまで前進した自分に自信を持つという
一番大事なものを手に入れることができました。

 

 

やはり、根本的な理論を間違って捉えていると
どうにもこうにもできません。

 

世の中では
「病気というものはすべて外側から突如襲ってくるものであって
自分にはなんの原因も責任もない」という認識をしている人が
少なからずいるように見受けられます。

 

国によって認識は違いますよね。

 

アメリカでは風邪をひいたら
「自己管理能力が低い人」という認識をされます。

 

でも日本では
「かわいそう」「大変だね」
などと風邪という病に襲われたというような言い方をする人がいます。
(最近は減っているかもしれませんが)

 

アメリカは日本と違って
健康保険は任意で入るものなので
保険未加入の人は
病気になったら大金がかかるのです。

 

なのでアメリカ人は病気にならないように
自分で健康管理を徹底するようになっているのです。

 

病気になるのは自己責任という認識が強く
病気になることに対しての認識が日本人とは違うのです。

 

それに対して日本は
病気になったら安いお金で医療を受けられるので
病気になることに対して危機感が薄いです。

 

病気になったら医者に行けばいい
と安易に考えていて

 

病気にならないようにどうしたらいいかを
アメリカ人ほど意識が高くないため
「自己責任」という概念が薄いのでしょう。

 

病気はどこかから偶発的に襲ってくるものとして
自分のせいではないと考えてしまうと

 

「自分で治す」という考えに至りません。

 

現状を見てみればわかると思いますが。
精神病は医療にかかったら治るものではありません。

 

医療にかかって何十年たっても治らない人が
ごまんといる世の中の現状です。

 

その理由はうつ病の本質を考えればわかることです。

 

うつ病は病気なんだからどうのこうのという理由をつけて
何もせずいるままで、それでどうにかなるでしょうか?

 

生活保護や支援などはありますが、
それで生きてて楽しいでしょうか?

 

生きてさえいればいいなんで思ってる人はいないはずです。

 

仕方なく「生きられるならいい」という状況になるならしょうがないですが、
生まれてきて自ら望んで「生きられる最低限で生きたい」と言う人はいないと思います。

 

楽しくイキイキと生きていきたいはずです。

 

うつ病を治したいなら本質を知りましょう。

 

「脳の病気なんだ」と認識したところで
なんの得もありません。

 

病気の本質からずれているにもかかわらず
自分は悪くないと思いこんで
一時的な自己満足に浸れるぐらいではないでしょうか。

 

本質的に病気を理解し、解決できる人が
増えてほしいと願うばかりです。

↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです


記事を読んでくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてもらえるとうれしいです。

<PR>
ダメな自分を変えたい!たった3時間で理想の自分になれる方法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました