幸せとは

この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
この記事を書いた人
真衣

このブログは
私が36歳でうつ病になってから40歳で完治するまでにやってきたこと、学んだこと、うつ病を治す上で大切なことなどを書き留めたものです。

→詳しい自己紹介はこちら

真衣をフォローする

幸せは一過性の脳内反応にすぎない。

なのに
幸せとは持続性のあるものと
人はつい勘違いしてしまう。

 

”お姫様は王子様と幸せに暮らしました”
と、童話や物語の中では

〇〇をしたら幸せになった

という描写が多いせいかもしれない。

 

また、
”結婚したら幸せ”
というイメージも未だに根強い

 

結婚=幸せ

ではないことは冷静に考えれば当たり前なのに

 

幸せは誰でも願うものだけど

コレをやったらこのあとはずっと幸せ

という状態になることはない

 

という現実を、なぜか見失いがちだ。

 

幸せは一過性で通り過ぎるものだ。

 

だから、なにかやったらおわりじゃなくて
自分から前に進み続けていくことで
幸せは自分でいくらでも掴むことができるってこと

↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです
ブログランキング・にほんブログ村へ


↓記事が良かったと思ったらこちらをクリックしてくれるとうれしいです


記事を読んでくれてありがとうございます。
応援のクリックをしてもらえるとうれしいです。

<PR>
ダメな自分を変えたい!たった3時間で理想の自分になれる方法とは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました